扁平足予防をしバランスのとれた足元を

こんにちは!

扁平足について先日お話ししていきました。

扁平足とは足裏のアーチの部分が潰れてしまい肉で立っている状態になっており

足の疲れやむくみ、ポンプ作用の低下で循環不良などが起こりやすくなります。

体のバランスのとれている状態とは

親指の付け根(母趾球)小指の付け根(小趾球)カカトが地面に着き

その間を走行する靭帯が張りができている状態が作れていることです。

このアーチを作るために青竹踏みやタオルギャザー運動などが予防として

用いられますが、バランスのとれる体づくりにおいては逆効果になることもあります。

まず、最初に青竹踏みでは、青竹を踏むことにより

足裏に刺激を与えていきます。

この時、足裏の靭帯にはストレッチがかかっている状態なので

靭帯は緩んでしまいます。

緩んだ状態が続くことで靭帯(アーチ)の張りがなくなり

バランスのとりにくい状態になっていきます。

アーチ機能が活性されている時は片足立ちが楽にできる状態なので

青竹を踏んでいる時に片足立ちがうまくできるかどうかです。

多くの方が左右によろけやすくなってしまうと思います。

また、青竹踏みは日常生活の立っている動作の中でないものになるので

立つ時に作用する姿勢保持の筋肉とは関わりない筋肉の運動にもなっていきます。

そのため、ずっと青竹の上に立っていると足の疲れが出てきます。

最近では、高齢者用の靴の中敷がモコモコに盛り上がって作られていて

青竹と同じような効果を作るものが多く

履いていると筋肉は緩むために履き心地がよく気持ちいいのですが

これは緩んでいるために気持ちよさを感じているのです。

 

次にタオルギャザー運動ですが

これは親指を中心にタオルをたぐり寄せる運動になりますが

たぐり寄せることにより

アーチの部分の筋力強化をする目的があります。

これは筋肉を収縮させる運動のみになるために

伸ばすという動作がなくなります。

また、扁平足では普段から足裏の内側での重心が強いために

もともと、親指での踏ん張りが強いことから

より、親指の踏ん張りを強くしてしまい扁平足を促進させてしまうこともあります。

さらに座ってタオルギャザーを行なう場合では

立っている時に働く姿勢保持の筋肉が働いていない状態での運動になるため

また違う筋肉の働きになってしまいます。

 

バランスをとるために大切なのは

母趾球、小趾球、カカトを結ぶアーチがゴムのようにしっかり張りを

作っている状態が必要になるため

内側の重心が強い場合では親指を持ち上げるように

外側の重心が強い場合では親指を下げるように運動が必要になってきます。

足元は緩ませてしまうことで力の入りにくい状態になってしまうので

バランスのとりにくい足になってしまいます。

寝る前やリラックスする時には当然、緩むことは必要なので

行なう時間などを選んでやることが大切になってきます。

 

足元が整うことで骨盤位置や背骨も安定してくるので

日々の足の着き方に気をつけながら過ごせることが大切になると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。