体感をしていろいろ気付く

こんにちは!鹿庭です。

今日は実体験した身体の反応をお伝えしていきたいと思います。



クライアントさんの身体を治療をしている中でとても大切にしていることが

自身が体感して身体への反応が実感できたものを提供しています。

当然のことだと思いますが身体のケアとして人へ提供するものなので

責任があるものになります。

 

先日、ある治療を受けてきました。

『セルフケア』といいその名の通り、自分で自分をケアすること

その名の通りに言葉になりますが

この奥深くにはいろいろなことが隠されていることを知りました。

 

僕の場合、長時間のデスクワークが続くと首に違和感があり

左の目から左の側頭部にかけて痛みが出てきます。

他にも右の足首は常に違和感があり左に比べ可動域も狭くなっています。

そしてここ何年かで頻尿があり特に緊張する場面に身を置くとそのような

症状が現れます。

 

このような症状が強い場合、自身の知識を利用して解消することもできますし

その後しばらくは調子の良い状態が続いていきます。

これが自分でのケアだと思っていました。

 

しかし、そうではなくて

本当に自分をケアするというのは

『気付いていく』『思い出していく』

ということだと実感しました。

 

僕の場合、15年前に右の脇の下の動脈をガラスに激突し切ってしまう事故を

起こしていることで大きなケガをしています。

その後、その患部には特に大きな違和感はありませんが

実は先程、述べた症状の原因がここにあったことを知りました。

簡単に説明すると

このケガにより8針を縫うことになりましたがそれにより

皮膚自体が右側に引っ張られやすい状態に上半身は右へのねじれを作りやすくなっています。

また、右への引く力が強いために右側への重心になり軸足が右になります。

逆に下半身は上半身のねじれを補うように反対の左へをねじれを作りやすくなり

雑巾絞り状態が特に、お腹あたりを中心に起こし『腸や膀胱』を圧迫する形になっていました。

そして、右軸により身体は左に傾きやすく左側の筋肉は圧迫されやすいため

左の目や側頭部への循環を落ちていき痛みや違和感を出しやすい状態になっていました。

そして右軸でお腹を中心に逆のねじれを作っているため右足への循環が落ちていて足首に違和感を

出していた。

ということになります。

 

これは僕の身体の場合です。

歪みを確認すればたどり着く身体の症状ですが

15年前のケガの影響とまでは突き詰めていかないと答えが出なかったところで

しかし、一番歴史の古い自分のケガなのでそれだけ身体へは影響を与えていたことになっています。

そしてそれを施術を受ける中で思い出すことができた自分がいて

それが原因だったことを気付くことで

自然と脳が反応していくことを体感しました。

これが自分で自分を治す力の『自然治癒力』というものでした。

しかし、これは僕の場合です。

 

歪みも緊張もその人によって微妙に場所が違ったり

身体の姿勢のパターンも型はなく

その人、それぞれになるということです。

 

如何にその人に『気付かせて』『思い出させて』いくか

もっと突き詰めて学び目の前の人と向き合っていきたいと思いました。