子供の歩き方が気になる方へ

こんにちは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です。

今日は自分のお子さんの歩き方が気になる方へ、現代の子供達の足の形状とそれを改善していく予防策をお伝えしていきたいと思います。

 

子供の足がチンパンジー化??

現代の小・中学生くらいの子供達は足の裏がチンパンジー化してきていることが増えてきています。チンパンジー化という例えがいい表現ではないかもしれませんが、土踏まずがなくなってきて『扁平足』になっていて足指は長くなっている状態になります。

 

 

本来、人間は二足歩行になってからはカカトが地面に着いたため、カカトと母趾球、小趾球の3点で立ちバランスを取るようになったため、骨で立ち身体を支えていることができています。それにより自然とアーチが出来上がり土踏まずの部分が持ち上がっていたのが本来の人間の足の形状です。

 

 

しかし、現代の子供達はこのアーチが下がってしまい扁平足となっていて立つ時も骨ではなく足裏の肉全体で立ってバランスを取っている子供達が多くいます。本来であれば3点でバランスが取れていることで必要最低限のインナーマッスルで身体を支えることができるのですが肉全体で立ってしまうことで余計な筋肉にまで負担がかかってしまいます。

 

 

それが原因で外反母趾やO脚、X脚といった変形を起こしてしまうことにも繋がっていきます。

 

 

肉全体で立つことになるとうまくバランスが取れないためにフラフラしやすかったり同じ姿勢でジッとしていることも身体が辛くなってしまい無意識に動きをすることでバランスを取ろうとしていることになってきます。

 

 

これはアウターマッスル(外側の筋肉)をバランス保持のために使っている状態になりこの筋肉は動きながらバランスを維持させようとする筋肉でもあります。

 

 

自分のお子さんの歩き方が気になったり、よく転ぶといった悩みがもしあれば足裏の状態をチェックしてみましょう。

 

 

引き起こしている要因とは

一般的には扁平足の原因は重力の問題であったり、土踏まずの部分の筋肉が弱っているからなどと言われています。

 

 

しかし、子供達では重力の影響を受けるほど何十年も生きているわけでもなく、足裏の筋肉も子供は大人に比べよく動くので弱ることもほとんどありません。

 

 

では、子供の扁平足の要因とは、特に多いのが『靴の影響』です。現代の靴は機能性が良く、履き心地やフィット感を高めているために足を軽く固定された状態に近くなります。

 

 

そのために、本来の足裏の働きである、筋肉を張って重力を押し返すスプリングのような働きが妨げられてしまい青竹踏みにずっと乗っているような状態となり筋肉が緩みきってしまいます。

 

 

また、土踏まずの部分が締まっている靴下なども同様な影響も与えてしまうこともあります。スポーツ用の靴下などは最近このような形状になっているものも増えてきています。

 

 

お子さんの靴などをみて紐やバンドをきつく結びすぎていないか、サイズがあっているかどうかなどもチェックしてみるといいでしょう。

 

 

他にも、昔に比べて外遊びをしなくなった。裸足の生活が少なくなったことなども扁平足を引き起こす問題ともなっています。

 

子供に合った靴選び

今回はあなたのお子さんの足を守り、綺麗な歩き方や転倒しにくい足を作るための靴の履き方と選び方をお伝えしていきます。

 

 

まず、靴ですが履いた時に靴の中で足指がしっかりと動くかどうかを確認してあげてください。これでしっかりと動かない場合では本来の足の働きを失われています。もし、動きが悪い場合では紐を結ぶ時やバンドを締める時に足指を曲げた状態(手でいうとグーを作っている状態)にしながら結んであげることで足指の機能を残した状態が作れます。

 

 

また、特に子供ではピッタリのサイズを選ぶより0.5〜1センチくらい大きめの靴を選ぶと良いかと思います。さらにサイドが極端に細いものや土踏まずの部分が強く盛り上がっている中敷のものは最初にお伝えした本来の足裏の筋肉の働きを低下させてしまうため、なるべく平らなものを選ぶことがオススメです。

 

 

基本的には、靴を履いている時でもどんな時でも、素足で立った時の感覚が残っているかどうかによって骨で立つことができているかどうかになっていきます。そのため、素足感覚が常にあるかなどをお子さんに確認してあげることもしてあげてください。

 

 

身体は足元から支えられていてその時に必要なインナーマッスルがしっかりと働いていれば余計な負担は身体にはかからずジッとしていることも可能になってくるので足元から守ってあげることをしていきましょう。

 

 

自分のお子さんの歩き方ややけに転倒が多かったり、よく痛みを訴えるなど・・・そんなことが多いお子さんでお悩みの方は一人で悩まずに是非、ご相談ください。

 

お問い合わせ

http://takahikokaniwa.com/toiawase/

Facebook

https://www.facebook.com/takahiko.kaniwa