お子さんの内股について

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です。

 

 

少しずつ、陽気も暖かくなってきて

 

以前より過ごしやすくなってきたのではないかと思います。

 

 

関東ではここ最近、風の強い日が多く

 

花粉症などで悩まされている方は

 

辛い日が続いたのではないかと思います。

 

自分は花粉症ではないので

 

症状の辛さを体感したことはないのですが

 

人によっては本当に辛そうで

 

今度、花粉症についても記事を書いてみたいと思います。

 

 

お子さんの脚が気になる

 

今日はお子さんの内股についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

特に女の子のお子さんを持つ方から

 

ご相談をいただくことがあります。

 

「うちの子、内股じゃないですか?」

 

「これってX脚ですか?」

 

などといった相談です。

 

 

厳密に言うと内股といっても見た目的な問題で

 

いくつか種類があります。

 

股関節が内側にねじれているのが「内股」といい

 

膝関節の部分でねじれなどが起こっている場合「X脚」といい

 

足首でのねじれや傾きなどが起こっていると「内足」などとも言われます。

 

 

どの部分で歪みなどが起こっているかによって

 

また、対策も変わっていきますが

 

これらの症状が起こる大きな要因としては

 

「立ち方」にあります。

 

カラダの土台となっている足元はとても重要です。

 

 

確かに、現代のお子さんたちを見ていると

 

まっすぐに立てているかというと

 

そうでもなく

 

立ち方に癖が出てしまっていることもあります。

 

なぜ、このようなことが多く起こってしまうのか

 

 

健康グッズのワナ

 

巷でたくさん存在する健康情報

 

その中でも健康グッズはとても多く存在します。

 

お子さんにも関係しているものは

 

「靴」です。

 

速く走るための靴であったり

 

足を衝撃から守る靴

 

デザイン性に優れた靴

 

 

など、たくさんの種類が存在します。

 

その中でも、共通している構造が

 

フィット感を高めるものとなっていることです。

 

 

実はこれが大きなワナだったりします。

 

 

それが靴の中敷の影響ということです。

 

土踏まずの部分がアーチを作るために持ち上がっているもの

 

カカト部分が包まれているもの

 

つま先部分が持ち上がっているもの

 

 

など、足を包み守る構造となっています。

 

 

これらすべてフィット感を高めるために作られていることになります。

 

なぜ、フィット感が良くないのか?

 

フィット感=筋肉の弛緩(緩んだ状態)

 

となります。

 

緩んでいる状態というのはカラダにとって

 

悪いことではありませんが

 

緩んではいけないところもあるということです。

 

 

カラダの土台となっている足元には

 

カラダを支える働きが本来は備わっています。

 

簡単に言えば

 

地面を押し返す力だったりします。

 

重力に対して潰されるカラダを

 

足裏で押し返し立つことが可能になっています。

 

そこで働いているのが

 

アーチである

 

土踏まずである筋肉や靭帯ということになります。

 

 

しかし、フィット感が高まることで

 

この筋肉などが緩みすぎてしまい

 

押し返す力が弱くなることで

 

まっすぐ立てなかったり

 

フラフラしてしまったり

 

バランスが取りにくくなったりしてしまうということです。

 

スキー靴などを履いた時では

 

足元が安定しないことありますよね。

 

あのような状態が微妙に起こっているということです。

 

 

そのため、足元からのバランスが崩れ

 

膝関節、股関節へと影響も出してしまうということになります。

 

 

最後にそんな状態での対策をお伝えしていきます。

 

 

素足感覚を残してあげること

 

先にもお伝えしたように

 

足元にはカラダの土台としての働きが

 

生まれながらにして備わっています。

 

この人間の自然の働きを阻害してはいけません。

 

そのため、素足で立った時の感覚が

 

靴を履いた時でも残っているかどうかが大切になります。

 

 

極力、靴の中敷が平らなもので

 

少し硬さを感じるものが

 

素足感覚を感じれるようになります。

 

あとは、靴の中で足指がしっかりと動くかどうかの

 

確認するもの大切です。

 

なるべく靴の中でも

 

足の働きが残っている状態を

 

作っておくことが大切となります。

 

お子さんの立ち方や内股やX脚など

 

気になるようでしたら

 

チェックしてみてください。

 

 

お子さんのカラダの症状やママ自身の悩みなど、ありましたら気軽にご相談ください。

一人ひとりにあった解決方法を提案させていただいております。

 

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です