お子さんの痛くないは嘘!?

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です。

 

本日は3月20日です。

 

世間では宇宙元旦とも言われているそうです。

 

 

なんでも、必要のないものを今日までに捨てるということが

 

いいそうです。

 

物や感情など

 

今の自分にとって必要のないと思うものを

 

手放すことで

 

そこに新しいものが入ってくるそうです。

 

確かに今日は1日過ごしていて

 

雰囲気の良い1日だったと感じました。

 

 

今日は、雰囲気に関係するお話をママさんから質問をいただいたので

 

その内容に合わせてお伝えしていきたいと思います。

 

 

ママの「また言ってる・・・」が

 

ママさんからの質問は

 

「子供があちこちの痛みを抱えていて、日によって痛かったり痛くなかったりするので本当かどうかわからない」

 

 

 

というご相談でした。

 

 

お子さんはカラダの痛みがあるときに

 

ママにすぐに訴えてくることがほとんどだと思いますが

 

 

ママ次第でまったく話さなくなってしまうこともあります。

 

 

お子さんは素直なので

 

痛かったら痛く、痛くなかったら痛くないので

 

その場の状態しか話してきません。

 

 

そんなとき、ママは頭を抱えてしまうかもしれません。

 

お子さんの場合、痛みを訴えてくるタイミングは様々で

 

夜中に起きてしまったり

 

習い事の前後だったり

 

学校に行く前だったり

 

いろいろとありますが

 

 

さっきまで痛がっていたのに

 

今はケロッとしているといったように

 

その症状が本当かどうかわからなくなるときもあると思います。

 

 

そんな日が頻繁に続けば

 

ママからしても

 

「また言ってる・・・」と

 

思ってしまうこともあるかもしれません。

 

 

しかし、これが実は

 

お子さんとの壁を作ってしまうことにもなります。

 

「また、言っている・・・」

 

本当かどうかわからない・・・

 

ママは困ってしまう

 

 

そんな雰囲気はお子さんに伝わってしまいます。

 

そうするとお子さんは

 

「ママが困っている」と

 

感じてしまい次第に痛みがあっても

 

話さなくなってしまいます。

 

実際にこんなことは本当に多く起こっています。

 

では、実際にどうしていけばいいのかをお伝えしていきます。

 

 

子供に症状をあったということを知る

 

お子さんの訴えに対して困ってしまったり

 

本当かどうかわからない

 

そんなときは

 

その場のお子さんの状態にフォーカスせずに

 

 

お子さんのカラダに痛みがあったという事実を知ってあげることです。

 

 

今、痛みがあるとか

 

今は痛くないとかではなく

 

お子さんに痛みがあったことをただ理解してあげるだけです。

 

 

もちろん、ケガをしてしまい強い痛みを訴えている場合は別として

 

日によってあったりなかったりでは

 

その場その場での対応では

 

確かにママは困ってしまうので

 

そこは置いておいて

 

痛みがあったことを知れば問題ありません。

 

 

お子さんの痛みがあったときの

 

状況を理解してあげ

 

それがどんなときなのかなどを知ってあげるだけでも

 

 

お子さんの中ではママが理解してくれていると

 

感じ取ってくれるので

 

 

痛み以外でも、悩みがあるときなどにも

 

素直に打ち明けてくれたりします。

 

 

このような壁のない状態が日々できると

 

お子さんの症状の奥にある

 

本質的な問題が見えてくることもありますので

 

 

お子さんに痛みがあったときに

 

ママがどんな雰囲気で受け止めてあげるのか

 

 

ママから必要以上に確認する必要はなく

 

お子さんの訴えに対して

 

大きく包むように受け止めてあげることを意識してみてください。

 

 

 

もし、あなたのお子さんの悩みやママ自身の悩みなどありましたら気軽にご相談ください。一人ひとりにあった解決方法をご提案させていただきます。

また質問なども気軽に受け付けておりますのでよろしくお願いします。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です