子供の体調が悪いとき

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です。

 

 

お子さんの体調が悪いとき

 

ママさんたちはどのように接してあげていますか?

 

中には必要以上に不安になってしまい

 

焦ってしまう方も多いのではないかと思います。

 

本日は

  1. お子さんが良く体調を崩す
  2. お子さんが体調が悪いときにどうしていいのかわからない
  3. お子さんに健康でいてもらいたい

 

このような悩みを抱えている方に向けてお伝えしていきます。

 

1 お子さんの体質を当たり前と思わないこと

 

現代のお子さんは4人に1人は何かしらのアレルギーを持っていると言われています。

 

その中でも10人に1人は食物アレルギーを抱えているそうです。

 

このように一昔前に比べると免疫力が著しく低下してきているお子さんが増えてきています。

 

 

そのため、食事での制限があったり

 

環境での制限など過ごしにくい状況になってしまっているのも事実です。

 

 

また、現代の医療では

 

アレルギーなどを改善させていこうとするより

 

なるべくそれを避けるように生活をさせるような指導も多く

 

「この子はアレルギーを持っている」ということが

 

当たり前ともなってしまっています。

 

 

もちろん、アレルギーによっては命の関わる問題もあるため

 

注意が必要でありますが

 

サポートする側のママの立場としては

 

お子さんの現状の体質が当たり前という思いを無くしていく必要があります。

 

2 当たり前が作るマイナス

 

アレルギー体質、風邪をひきやすい、便秘になりやすいなど

 

お子さんの体質というのは成長につれてわかりやすくなってきますが

 

ママ自身が「この子はこういう体質である」と決めてしまうことで

 

生活の中では

 

マイナスの選択が増えてきてしまいます。

 

 

食事の制限や着る物の制限、行く場所の制限など

 

様々な場面で生活の中での制限が生まれてしまいます。

 

 

体質だからと決めつけてしまうのは簡単ですが

 

このような何かを制限しないといけない状態にカラダがなっているということは

 

良い状態ではないということです。

 

体質を少しずつ改善させていくことで

 

お子さんが将来的に不自由のないカラダにしてあげることが大切になってきます。

 

3 シンプルだけどなかなかできていないこと

 

実際にアレルギー体質やカラダの癖というものを改善させていくためにとても重要なのが

 

体内の水分の入れ替えです。

 

つまり、水を良く飲むということです。

 

 

すごくシンプルなのですが意外と生活の中でできていないことでもあります。

 

 

当サロンに来られるお子さんにも水分補給の確認をしますが

 

純粋な水を飲んでいるお子さんが少なく

 

学校に水筒などを持参しても全部飲まずに持って帰ってくるお子さんも実際に多いです。

 

 

そして、体質を改善させるためには

 

お茶やジュースではなく純粋な水が必要となります。

 

これはカラダは約70%の水分からなり

 

子供では80%も水分でできているためです。

 

3ー1 水をたくさん飲ませてデトックスさせる

 

カラダの中の流れが変化していけば

 

体質も必然的に変化をしていきます。

 

そのため、なるべく多くの水を飲ませてあげたくさん排尿させてあげたり

 

汗をかかせてあげることです。

 

カラダの水分の入れ替えが行われることで循環がよくなり

 

カラダにとって必要のないものは外に出ていく働きが活発になります。

 

目安としては約3リットルの水分補給が理想とされます。

 

人間は一日に約2.8リットルもの水分を排泄するためです。

 

 

その中で普通の食事で約1リットル近くは取れるため残りをなるべく水にしてあげることで

体質は改善されやすくなってきます。

 

3ー2 塩分の補給も必要

 

最近では季節的には暑くなってきて汗をかくことも多くなってきていると思います。

 

汗をかくことで塩分が失われやすくなります。

 

 

塩分が失われると筋肉がパサパサになりやすく

 

柔軟性を失うこともありお子さんでは成長の妨げにもなってしまうため

 

水に合わせスポーツドリンクなどでの塩分も少しずつ取ってあげると良いと思います。

 

 

最近では塩分の摂取は脳卒中や心筋梗塞などの恐れがあると言われていますが

 

まったく取らないというのも問題があります。

 

人間のカラダには出たものは取り入れてあげる必要があるためです。

 

そのようにカラダはバランスを取っているのです。

 

まとめ

 

お子さんが体調が悪いときでは日頃から水分をしっかりと補給できているかを確認してみてください。

 

また、お子さんの体質を一番良く知っているのはママたちだと思います。

 

そこで体質だからと決めつけてしまうことでマイナスな選択をするより

 

将来的に健康なカラダでいるために

 

今からしてあげられることをしていき

 

ママのできるサポートをしていきましょう!

 

 

 

お子さんやママ自身の健康について、悩んでいる症状や親子問題などなんでもご相談ください。

一人ひとりにあった解決方法をご提案させていただきます。

《ご相談をコチラ》