便秘に悩む方への対処法

便秘になりやすい方

便秘では圧倒的に女性の方が多く

割合でいうと女性の約48%の方が便秘で悩んでいます。

これは女性2人のうち1人は便秘気味になっているということです。

便秘になってしまう原因としては

様々なことが言われていると思います。

女性の場合では毎月の月経でのホルモンバランスとの関係や

筋力の問題、ダイエットなどで食生活の栄養バランスなど

中にはトレイを我慢してしまい便秘になってしまうといったこともあります。

今回は施術家の視点から実際に解消された例を上げていき

実際に便秘になってしまい悩んでいる方へ向けてお伝えします。

便秘を放っておくと

実際に便秘になってしまい放っておくと身体には悪影響が出てきます。

肌荒れがひどくなってしまったり

食欲が低下してしまい栄養バランスが崩れてしまったり

代謝が下がるために身体の血液や水分の循環が悪くなり冷えやむくみ

体臭がひどくなってしまったり

痔になってしまうなどといったことが起こります。

腸は『第二の心臓』とも言われており

身体のバランスを調節するのにとても大切な臓器ともなります。

そのため、このような症状の他にも

腰痛や肩こり、自律神経などにも悪い影響を与えてしまう恐れもあります。

早期に改善するための解決策

実際に便秘になってしまっているクライアントさんを診させていただくと

腸の動きが弱かったり、お腹周りの筋肉や皮膚の動きがあまりない方が多く

全体的に腹部が動いていなく緊張している状態の方がほとんどでした。

その動きを活性させるために実際にクライアントさんが

セルフで行なっていただいて改善した方法をお伝えしていきます。

1 呼吸法により身体の中から動かしていく

呼吸は無意識に行なわれている運動ですが

多くの方が呼吸が浅く息を吸ったり吐いたりするときに

お腹だけが動きます。

実は呼吸をするときは横隔膜の動きが大切になってきます。

そのため、息を吸い込むときにはなるべく胸に空気をためるように

吸い込んでいく必要があります。

実際に息を吸うときに胸に空気を入れる意識で行なってみてください。

 

いかがでしょうか?

 

普段より多く空気を身体に取り入れられたと思います。

これは胸に空気をためるようにすることで

横隔膜が上に持ち上がり胃腸などの内臓を元の位置へと

引っ張っていく働きがあります。

結果としてお腹の中が動きを作り血液や水分の循環も促進されてきます。

2 立ち方を改善し身体のバランスを整える

次に立ち方から身体のバランスを整えていき内側からの働きを作っていきます。

これは普通に何も意識せずに立ってもらい

そのときにどちらの足に重心を感じているのかを確認します。

深く考えずなんとなく感じる程度で構いません。

どちらかに重心を感じたら一度、力を抜いてリラックスしたり

重心を感じている側の足首を軽く回してみたりします。

そして再度、重心の位置を確認していきます。

最初より重心の位置が偏って感じにくくなったり

左右均等に感じてきたりしてくると思います。

これは本来持っている自己修正力を活用した方法です。

左右の重心が均等になることで足元から上に続き

骨盤、背骨なども安定してきて滞っていた循環が復活してきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は自分の身体の内側から改善させていき

働きを活性させるためのアプローチをお伝えしました。

変化は人によって様々ですが気がついた時間に

少しでもいいので続けていただくと変化を感じてきます。

しかも自分の力で行なうケアになりますので

身体への負担もなく行なえるものになります。

便秘の解消法としてはいろいろなことが言われています

運動を進められても時間が取れなかったり

食事を制限されてストレスになってしまったり

小さな負担が積み重なると続かなくなってしまうケースもあるので

自分の空いた時間で簡単にできる方法であれば続けることも

苦にならないのでないかと思います。

また、普段から何かを意識されている方などはそれにプラスして

行なっていただくことも構いません。

何より大切なのは無理をせずに自分の身体と向き合えることです。

毎日をスッキリと過ごしていただくために

便秘でお悩みの方などは是非お試しください。