現代の小学生の悩みとは?

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です。

 

本日の内容は

  1. 小学生のお子さんを持つ方
  2. お子さんのカラダの症状に悩んでいる方
  3. お子さんを習い事に通わせるか迷っている方

 

にお伝えする内容となっております。

 

 

1 小学生に起こっている悩みとは

 

現代の小学生のひとつの悩みとして

 

「ゆっくりしたい」

 

という悩みがあるそうです。

 

実際にこのような悩みを持つ小学生は

 

70%以上の子供たちが抱えているそうです。

 

この背景にはどんなことが起こっているのかというと

 

習い事が多すぎるということがあります。

 

 

多い子では

 

週6回習い事のために時間を使っているお子さんもいるそうです。

 

 

そのように考えると

 

学校を朝の8時くらいから15時くらいまで行き

 

その後、習い事に通って

 

遅い子だと21時くらいまでやっているといった状況になっています。

 

さらに、そんな中

 

学校での宿題も多く

 

毎日、やらなければいけないことになっており

 

 

ココロの余裕も持てなくなっているお子さんも増えてきているそうです。

 

このような生活リズムが続けば

 

大人ではどんな状態になるでしょうか?

 

きっと、疲れがたまったり

 

ストレスを抱えてしまったり

 

そんなことも起こりやすくなってくると思います。

 

そのため、お子さんにも同じようなことが起こっていることになります。

 

 

さらに成長期でのこのような悩みはお子さんのカラダやココロにも

 

大きな影響を与えてしまうことにもなります。

 

 

2 子供が求めていることを理解してあげること

 

何も、習い事を否定しているわけではなく

 

お子さんが今現在

 

どんなことを求めているのか

 

 

そこを知ってあげる必要があると思います。

 

実際に子供たちを治療していると

 

塾に通っている子供たちは多いのですが

 

多くの子供たちが自分の意思で通っていない子供たちもいるということです。

 

 

親御さんとしては

 

子供のために必要なことなので通わせているという思いがあると思うのですが

 

お子さんはただ、なんとなく通っていたり

 

ママが行けと言うから通っていると言う子供たちがいて

 

もし、塾などに通わせるのであれば

 

目的をしっかりと伝えていき

 

お子さんが自分毎となれるように

 

コミュニケーションを取る必要があります。

 

 

それがもし

 

親御さんだけの一方的な思いであれば

 

お子さんは負担を感じている可能性もあります。

 

 

塾や習い事など定期的に通っているお子さんがいる場合では

 

ママとしては

 

お子さんの本音を出してあげる環境を作ってあげる必要があります。

 

 

3 お子さんにとっての休息とは

 

お子さんにとっての休息は

 

睡眠を取るということも必要となりますが

 

特に小学生の場合では

 

ママとの時間がとても必要となります。

 

 

睡眠と取ればカラダの休息にはなりますが

 

ココロの休息にはママとのコミュニケーションも大切となります。

 

ここで必要なコミュニケーションをご紹介します。

 

3ー1 必要以上に聞かないこと 

 

ここで必要になるのが

 

ママから一方的に必要以上に聞きださないことです。

 

どうしてもお子さんの本音を知りたくなると

 

ママから聞き出そうとしてしまうために

 

必要以上に質問をしてしまいがちです。

 

このようになってしまうことで

 

一方通行になってしまい

 

お子さんが少し萎縮してしまったり

 

何か答えないといけないという気持ちになってしまい

 

余計に本音を出せなくなってきます。

 

そのためには

 

何かを聞こうとするより

 

お子さんとの時間を普通に過ごしてみることです。

 

お子さんは特別何かを求めているにではなく

 

ママとの時間を大切にしたいという気持ちの方が強いため

 

ママといて楽しいとまずは思うようにしれあげることです。

 

3ー2 目的を間違えないこと

 

質問を必要最低限にしてあげ

 

間違っても誘導尋問のようにならないように気をつけてください。

 

目的は「お子さんのココロのストレスを外してあげることです」

 

ママがお子さんの本音を聞き出そうとする目的だと

 

どうしても聞き方が偏ってしまいます。

 

 

大切なのは

 

お子さんが答えやすいような質問にしてあげることです。

 

ここで大切なのは

 

「お子さんのココロのストレスを外してあげることです」

 

今のお子さんの状態をすべて受け止めていくことで

 

ママが聞いてくれている

 

という気持ちになってくれば

 

お子さんのタイミングでココロの中の悩みを

 

話してくれるようになってきます。

 

 

まとめ

 

はじめにお伝えしたように

 

70%以上のお子さんがゆっくりしたいという悩みを持っている現状で

 

大人と同じような悩みを抱えている子供たちが

 

これだけ多く存在するということです。

 

しかし、子供たちはまだまだママをはじめご家族の力が必要となります。

 

お子さんにとって大切なのは

 

雰囲気になりますので

 

今回、ご紹介した内容を取り組んでいただき

 

なんでも話したくなるママになり

 

お子さんをストレスから解放させてあげましょう!

 

 

 

お子さんのカラダやココロの悩み、ママ自身のカラダの症状などの悩みなどありましたら気軽にご相談ください。

一人ひとりのあった解決方法を完全オーダーメイドでご提案させていただきます。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です