体のいつも同側に出るそのクセ

こんにちは!

先日、施術をさせていただいた方がおっしゃっていた

あるクセを共有していきたいと思います。

その方は仕事でヒールを履かないといけないため

右足側のヒールのストラップがいつもズレたり取れてしまったり

するそうです。

ご自身でもどこか左右差を感じ

歪んでいる自覚はあったそうです。

 

ヒールのストラップはヒールと足首を固定するために

あるものと思いますがそれがズレやすかったり

取れてしまったりするということを

簡単に説明していきたいと思います。

 

クライアントさんの体型は

左足軸、右脚長、逆C型の体型をしていました。

左半身側での体を支える力はとても強く

安定感があります。

それは普段の生活でも多く左半身を使っているということになります。

右半身のバランスのテストを行うと

大きくよろけてしまい外力によって支える力があまりない状態でした。

 

左半身は支える力があるため

当然、筋肉の力も強く大きな症状は持っていませんでした。

逆に右側に関しては

背中の鈍痛や腰の痛みなどが現れていました。

普段から支えていない場合、支えようとすると外側に付く

アウターマッスルを多く使うようになり

筋肉疲労も起こりやすくなってきます。

 

また、右足は軸側でないため

器用に動きを作ることができ軽やかに動きやすくなります。

これが利き足ということになります。

器用に動くということは関節の動きが軸側に比べて

大きく動くため、右足が無意識のうちに生活の中で

足首の動きを作っていたことで

ヒールのストラップも影響を受けて

ズレやすかったり、取れてしまったりすることが

目立つようになっていたと思われます。

 

このように、普段からどっち側で自分が体を支えているかが

理解できるようになってくると

生活の中で起こる左右差だったり、靴やパンツなどに起こる違和感など

解決する糸口になってくると思います。

 

左右の軸のバランスが多く偏りすぎると

半身でしか体を支えなくなるので

その支えている側でもバランスがもっと崩れてしまうと

杖になってしまうということにつながります。

杖はこの左右のバランスがとても重要になりますので

なんとなく自分はどっちに体重が乗っているのか?

という自覚を少しずつ持つことも

大切になると思います。

 

今日は、女性特有の足に出る違和感をお伝えさせていただきました。

またいろいろ共有していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です