外反母趾〜女性の4人に1人はある悩み

足病の中でもっとも多いとされている外反母趾特に40〜60代の女性に多いとされていますが最近では小さい子供や男性、高齢者にも増えてきています。

症状としても親指の付け根に強い痛みを出すものや付け根の部分が赤くなって変形していくもの全く痛みを伴わないものもあります。

痛みや違和感が現れている場合では処置をする意識も出てくると思いますが注意が必要なのが変形は起きているが痛みとして出ていないものです。

外反母趾とは

外反母趾というのは親指の付け根の部分から変形がはじまり小指側へと親指が曲がっていく関節の変形症状になります。

痛みが出ている時では変形が進行している途中です。

そのために処置をするのではあれば強い痛みが出る前で親指の付け根あたりが赤く腫れ上がってきた時には何かしらの対策が必要となります。

重力を押し返す働き

私は姿勢を管理している中で足元から徹底して診ていきます。

足元の地面との接し方が重要になってきます。

これは人間は日々、重力により真上から常に押しつぶされています。

これは地球上で生活する上では切り離させない問題でありこの重力との付き合い方が大切になっていきます。

人間は二足歩行になったことでカカトが地面に着きました。

それにより立つ時には母趾球(親指の付け根)小趾球(小指の付け根)カカトの3点が地面に最初に接することでバランスを取れるようになりました。

重力に対してこの3点がフラットに着き、左右差もなく立てれば姿勢は崩れてしまうことはありませんが人間が生れながらにして誰でも癖を持っているために左右差や前後差などが生れてきます。

そして、カカトの着く向きが足の症状には影響を与えます。

外反母趾の原因

外反母趾ではカカトの内側が地面に接しやすくなりカカトの内側から母趾球を中心に立つことになります。

それによりその間を走る靭帯、土踏まずの部分が重力の影響により押しつぶされ張りを無くした状態になることが変形を起こす原因ともなります。

外反母趾でお悩みの方はたくさん治療を受けてきた方やいろんな運動をしてきた方もいると思います。

これで解決してしまうものであれば問題はないと思いますがそれでも繰り返しの痛みなどを出してしまう場合では立っている時の重力のかかり方に対して足の着き方が大きな問題があると思うのでそこを変化させていかない限り繰り返してしまったり悪化させてしまう恐れもあります。

また、足の着き方に偏りが生れてしまうとふらつきやバランス保持などがうまくできなくなりその延長に杖の生活になってしまうケースも少なくありません。

予防法

予防としては立つ時にカカトの着き方を変える訓練を行なうことです。

立ちながら足の親指を上に持ち上げる運動です。

自分の力で持ち上げることで土踏まずの部分に張りが作られてきます。

慣れてくるとカカトの外側が地面に着いてくるのを感じるようになっていき立ち方の変化なども感じてきます。

また、変形が強く起こってしまっている場合では5本指ソックスの重ね履きなどもオススメです。

ですが、それだけに頼るのではなく指を少しでも動かしていくことが大切になってくるので長い期間悩んでしまっている方や最近、痛みなどを感じてきている人、体のふらつきなどが感じやすくなってきたそんな違和感を感じるようでしたら立っている時の足の着き方から見直していくことが大切です。

日常生活の中で立つことは欠かせない動作で立っている時の重力との付き合い方を改善していくことで変化を作ることができます。

自分自身で自分の体の状態を理解することが根治の一歩になります。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です