X脚の改善、つま先立ち運動

人は立つ時に微妙に足の裏の靭帯を動かすことによりバランスをとっています。

足裏の靭帯には内側を走る土踏まずの部分や外側を走る外アーチの部分がありこの靭帯が押しつぶされたり張りを作ったりすることで足首の曲がり方が変化していきます。

X脚になってしまうと足裏の内側への荷重が強くなり足首も上へ反り返りやすい状態になっていきます。

そのために予防としてはつま先立ちをしていき足首を下に伸ばす張り運動が必要になります。

足裏の内側への荷重が強くなっていくと親指側への負担が強くなり、外反母趾といった症状にもつながりやすくなっていきます。

また、足首の反り返りも強くなるためにスネの筋肉が緊張しやすくなり、脚が疲れやすくもなってきます。

つま先立ちをしていくと重心が小指側へと逃げていきます。

その動作の時に自然と膝の向きも外へと開きを作っていきます。

この状態の時に起こっている張りがX脚の人には必要な筋肉の張りになります。

 

このつま先立ち運動をゆっくりと繰り返していくと膝の向きが矯正されていき変化もしていきます。

その時に大切なのはつま先立ちになった時に小指側へと重心移動を感じることです。

これは関節の形態上、そのようになる動きをもっています。

 

特にX脚の強い人の場合ではより小指側へと重心がかかりやすくなると思うので重心や膝の向きを意識していきながら行なうことでより効果的になると思います。

 

地面に最初に着く足元からの影響で重力軸に合わせ膝や骨盤、背骨は歪みを作っていきます。

足の着き方を見直していくことで重力軸に対して自分のバランス軸を合わせてあげることで自然に真っ直ぐの位置へと誘導されていきます。

膝がぶつかって気をつけがうまくできない人

歩く時に内股になってしまう人

外反母趾で痛みが気になる人など

少しずつ試してみると良いと思います。

重力に合わせて立つ時の膝の向きが変化していけばそれに合わせた筋肉の働きが作れるので繰り返し行なうことで自然な変化が出来上がってきます。

簡単な運動なので気がついたときに行えることなのでぜひ、試してみてください。