O脚X脚の改善する立ち方

こんにちは!鹿庭です。

今日はO脚やX脚でのお悩みの方の特徴や立ち方をお伝えします。

一概にO脚、X脚といってもいろいろな種類があり

ガニ股、内股とはまた違い今回は膝から下の状態を見ての

予防や改善に進む立ち方を書いていきます。

先にお伝えしたガニ股、内股では股関節の影響であり

股関節が普段の生活の中で外側か内側かに捻れていることになります。

ここでいうO脚、X脚は膝から下の状態がどのようになり

足のカカトが立っていてどのように地面に接しているかの話になります。

 

確認としてはまず、肩幅より少し狭いくらいに立っていただき

拳が一つ入るくらいの幅にして

足の人差し指が真正面を向くように立った状態で

カカトがなんとなくどの辺が地面に特に接してるかです。

これはなんとなく感じる程度で大丈夫です。

 

次のその幅のまま、鏡などで見た時に膝のお皿の向きがどのようになっているかです。

O脚の場合、左右の膝はつかずに膝から下が大きく開いているようになると思います。

X脚の場合ではこの幅で立っていると左右の膝がぶつかりやすくなり

ひどい人ではこの幅でキープするのも難しいものにもなります。

 

O脚が強い場合は立っている時にカカトの外側が地面に接しやすくなり

X脚ではカカトの内側が接しやすくなります。

O脚のひどいケースでは骨盤が後ろに傾き、ガニ股になり膝は外向き、カカトの外側が着く

これは高齢者に多く、この状態がひどくなると猫背が強くなり

膝が抜けやすくなり膝の変形性膝関節症になり痛みが出てきます。

X脚では骨盤が前に傾き、内股、膝が内を向きカカトの内側が着く

これが強くなると反張膝になりやすく鳩胸、出っ尻状態になります。

 

立ち方として膝が開いてしまう場合では日常で足幅を狭くし立つことが多く

膝がついてしまう場合では足幅を広くして立つことが多くなります。

 

立ち方により改善をさせる場合では

O脚の場合

・肩幅より少し広めにして立つ時間を作ること

X脚の場合

・カカトと親指の付け根をつけて立つ時間を作ること

 

この幅を作ることで膝が勝手に開いたり閉じたりします。

椅子などに座って力を抜いて足幅を変えるだけでも膝がわかりやすく動きます。

 

普段の生活で立っている時などに働いている筋肉は

無意識に働く姿勢保持筋になりますので

意識的に鍛えて改善するような筋肉ではないので

幅を変えてその無意識に働く筋肉を日常から変えてあげることで

改善されてきます。

 

今回は立った状態での膝の向きやカカトの着き方からの

改善法をお伝えしました。

癖はひどくなると体の症状を出してしまったり

放っておくとどんどん悪い方向へと進んでしまいます。

 

自身の立ち方を理解していき

その癖を改善するのは自分自身でもできることなので

日々の無意識に働く筋肉をより活性させていきましょう。

 

立ち方がよくわからなかったり自分自身がどんな状態にあるのか

気になる方はいつでもご相談ください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。