靴を履いている時に指先が痛くなる

こんにちは!

靴を履いていて足の指先が痛くなったり

ひどい場合、爪が剥がれてしまったりしてしまう場合

どのような負担がかかっているのかを今日はお伝えしていきます。

よく動くことが多い方や、立ち仕事などの方で

足の指先に痛みを出してしまう場合

靴があってないこともありますが

普段の重心のかかり方や足の着き方にも影響があります。

 

靴が影響している場合は

硬すぎる靴やサイドが細くなっている靴などでは

足の本来の働きを妨げてしまい足裏の腱の張りを失い

常に緩んでしまう状態は起きてしまい崩れやすい体になるため

本来の働きの指で地面を踏ん張ったりする力もできなくなります。

 

また重心のかかり方が影響する場合は

人には前後バランスをいうものがあり

指先側に重心があるか、カカト側にあるか中央にあるかで

それぞれ分かれてきます。

当然、中央にあれば前後への崩れも弱く安定した前後のバランスが取れている状態にあります。

人は一番最後にバランスを取るのが足の指になります。

 

カカト側に普段から重心が集中している場合

後ろに押される力に対抗することが弱くなるために

後ろに倒れないように前に押し返し指で踏ん張る力が生まれます。

逆に指先側にいつも重心がある場合は

指の関節を曲げて使い前後への揺れを防ごうとし

常に指先で踏ん張っている状態が生まれます。

指先で常にバランスを取っている場合は

軽いつま先立ちが起こっている状態になるので

常にふくらはぎに力がかかり足が太くなる原因にもあります。

 

また、硬い靴などで指先がしまっているものや

ランニングシューズでも指先側が上がっている形状のものでは

開張足にもなりやすく

歩く時に指先を着くのではなく足の指の付け根が着き指で押し返す働きが弱くなる

場合もあります。

 

このように普段の生活の中で指が使えなくなったり

余計な負担がかかったりすると指先は大きな影響を受けていきます。

靴を脱いだ時に指先が赤くなっている方などはそのような影響を受けています。

 

靴を履いている時に痛みが強い場合は靴の中で指の動きが失われているので

履いている時に靴の中で指が動くがどうか

軽くつま先足が出来るゆとりがあるかを確認すると良いと思います。

このような動きが失われていたら症状を出しやすくなるので注意が必要になります。

靴は足首がしっかり固定されていれば大きなケガをすることはないので

靴の中ではある程度の動きがないとその分、負担が大きくなります。

 

重心のかかり方においては

裸足で立った時になんとなく感じる重心の位置などを自分でも知っておくことで

どのように重心があるのかを認識しておくことも重要になるのでチェックしてみても

いいと思います。

 

大体は靴を脱げば痛みは出ない場合は靴の影響が多くあり

裸足で動いても痛みがある場合は重心にも問題があるので

靴を改善するか重心を見直していくかで症状は改善されていきます。

 

普段、指にかかっている余計な負担が改善されれば問題はないので

どんな靴でどんな重心が自分にかかっているかを理解していき

改善できるところからしていくと良いと思います。

 

前後のバランスの改善やセルフでのチェックの仕方などは

後日アップしていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。