産後の骨盤の開き

こんにちは!鹿庭です。

産後の骨盤の開きについて骨盤の状態をお伝えしていきます。

出産は自然分娩の場合、産道を赤ちゃんが通り生まれてくるために

骨盤が大きく動きます。

本来、結びついていないといけない靭帯なども伸びてしまったりします。

そのために骨盤の脱臼状態が起き産後では緩みというものをつくります。

一般的に言われる骨盤の開きというものは

妊娠中にお腹に赤ちゃんがいることで

骨盤が後ろに傾きガニ股になりやすくなります。

そのために、骨盤全体が外側に開きやすい状態になります。

これがお腹の中で赤ちゃんを窮屈にしないためにもそういう状態を作ろうとします。

 

骨盤が外側に開くと坐骨が締まってきます。

坐骨というのは座っている時に手をお尻の下に入れた時にあたる骨の部分になります。

この坐骨が閉じてしまうとお尻の筋肉の張りがなくなり

筋肉の働きを失いやすくなるためにお尻が垂れたりしやすくもなります。

人は座っている時は骨盤で姿勢を保持するため

この骨盤を中心に背骨(上半身)を無意識に揺らしてバランスを保持しています。

普段、普通に座っていて大きく体が揺れてしまう場合やいつも安定する位置が

ない場合は骨盤の開きが強く起きている状態になっている可能性があります。

逆に揺れが小さい場合やわりと自然に座っていられる場合は

大きな開きはなく坐骨部分も開きを持ち張りを持っている状態にあります。

この揺れというのは人は誰でも自然と自分で体を修正する力を持っているために

自動的に作る動きなので悪いわけではありませんが

大きく揺れすぎることで姿勢を崩す可能性があります。

 

坐骨の開きなどを確認する場合は

座っていてお尻の下に両手を入れまず坐骨を感じてみて

そのまま、胸を張り骨盤を前に出すように出っ尻を作ってみてください。

坐骨が少し外側に開きを手に感じると思います。

この開いた状態で上半身を左右に揺すってみる動きと

逆に猫背状態になり骨盤を後ろに傾けた状態で揺すってみるのを比べてみると

上半身の揺れ方が変わってくると思います。

普段から産後の影響などで骨盤が後ろに傾き開いてしまっている場合は

上半身の揺れが大きいために余計な腰や背中などの筋肉にも負担がかかるため

腰痛や肩こりといった症状も出しやすくなります。

 

この開きを改善する有効なセルフの運動としては

座った状態で両手を前に出し、手の親指を中心に内側へと捻っていく内旋する動作です。

この捻った状態を作っていくと骨盤を締め坐骨が外へと開く動作が生まれ

お尻の筋肉に張りを作ります。

1秒間隔くらいで内へと捻り、戻しを20回くらい繰り返すと少し揺れが軽減されてくると思います。

 

産後に限らず、骨盤の開きはこのように坐骨が大きな関係を持つので

お尻をホールドしてしまう坐骨シートなどは

筋肉の張りを無くしてしまいやすいためにあまり骨盤を締める効果は生まれません。

開きにおいては産後の期間に関係なく修正もできますので

座った状態で揺れがひどかったり、あまりしっくり来る位置がない方などは

お試しください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。