雨日の身体の不調

おはようございます!今日は朝から東京は雨が降っています。

雨の日になると神経痛が出たり、しびれや重だるさ、なんとなく気分が乗らないなど
人によっては雨の降る前日に身体に症状を出したりする方もいます。

これはなぜ起こるのでしょうか?



雨の日は天気図などにもあるように低気圧の状態にあります。
気圧が低い状態、あまり天気図などは詳しくないのですがイメージとしては低気圧は『空気が少ない状態』になるようです。

そのために身体の中と外の空気の量が違うために身体に『むくみ』などを起こします。
山を登った時に袋に入ったお菓子をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。
あの現象も山の気圧より袋の中の気圧の方が高くなるためパンパンに膨れ上がります。

低気圧で外気と体内でのバランスがうまく取れていないことで起こる症状が雨の日の身体の不調になります。

神経にはいくつかの神経膜が存在しその膜の部分に血管が通ります。その血管が神経自体に血液を送り届けますが気圧によりむくみが発生するとその血管にも循環不良が起こるため神経の圧迫につながり結果として神経痛やしびれといった症状を引き起こします。

普段から身体の循環があまりよくない場合は気圧の変動によって影響を受けやすい状態にもなっているということなので予防としては身体の水分の循環をしっかりと作ってあげることがオススメです。

水分は身体の60%を占めていて、大人が1日に排出する水分は『約2.8リットル』になります。
そのために最低でも1日の中で『3リットル』くらいの水分補給が必要になります。

水分補給が身体に追いつかなくなると『乾燥肌』などになりやすくなります。

『3リットル』といっても全部、純粋な水を取るというのではなく今の生活の中で純粋な水分の補給を意識することで『3リットル』には近づきます。水分がしっかりと入れ変わり、循環ができると神経への酸素補給も良くなり次第に全身の循環も良くなってきます。

雨の日や雨の前日などに身体に不調をよく感じる方は水分補給をしてみてください。

最初は水分により身体がむくむかも知れませんがそれは身体がいつもより多い水分量に慣れていないだけなので大丈夫です。

雨の日も快活に過ごしてパフォーマンスあげていきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。