X脚の改善

こんにちは!鹿庭です。

先日、後輩から連絡がありX脚がひどい方が2週間で改善したと嬉しい報告がありました。
立っている時に膝の向きが中間より内側に捻れていてO脚誘導(膝関節を外側への支持筋)を行ったところ姿勢保持筋の反応が変化し効果が現れたようです。



X脚は、比較的に肥満体の方が多いように思います。
体重が多いと身体の重さを脚部で支える時に、必ず膝関節に負担が掛ります。
肥満体の方の場合、太ももが太いために脚部が広がり、支える支点が内側となりやすくなるために、X脚になりやすいのではないかと思います。

その方も肥満体で膝への症状も現れていたそうですが、無事に軽減したそうです。

X脚は大腿骨から脛骨をつなぐ膝関節に現れるもので膝関節を支点として足部が外側に開くことでX状になると言われています。そのために気をつけをすると膝がぶつかってうまくできないというケースもあります。

下半身の変形の場合『股関節』『膝関節』『足関節』の向きが重要になりO脚やX脚、内股や外股などを作っていきます。

改善法も日常生活の中で見つけていくと早期に回復していきます。

O脚の場合などはイスに座っている時は膝が外に開きやすかったり立っていてもどちらかの膝関節は外を向いていることも多いと思います。

X脚の場合などは座っている時は女の子座りになったり横座りやイスの場合、膝は付いていても足は外に開いていたりすることが多いのでないかと思います。

このように座り方や立ち方などを少しずつ改善させるだけでも効果が現れてくると思います。

少しの時間でも膝関節や足関節を左右とも付けることすると普段、使用していない姿勢保持筋が働くので効果的です。足関節はO脚の場合は特に親指の付け根、X脚の場合はカカトを付けてみると少し違和感を感じるかも知れませんが姿勢保持筋が働き出しますのでお試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!