頭痛の種類と対処法

こんにちは!鹿庭です。

今日は頭痛についてお話していきます。



現代で頭痛に悩まされている方がとても多く

日々、頭痛に悩まされる中で病院に行き検査を行なっても原因がわからずに痛み止めなどを処方される
なんて方も多いのでないかと思います。

頭痛といってもいくつか種類があり

・偏頭痛

・緊張型頭痛

・群発性頭痛

・脳疾患に伴う頭痛

などが上げられます。

慢性頭痛といわれるのが上の3つの『偏頭痛』『緊張型頭痛』『群発性頭痛』です。

この慢性頭痛の主な症状と対処法をご紹介していきます。

偏頭痛

症状

偏頭痛は脳の血管が拡張して起こる頭痛で、リラックス状態に身体がなった時などに急に拡張し

痛みを出します。

他にも休みの日の寝過ぎ、寝不足、デスクワークによりブルーライトの刺激による疲れ目から

などもあります。

脈を打つような痛みがあり、吐き気や嘔吐、光や音などの刺激に敏感になったり

風邪の時のような症状を感じたりもします。

前兆としては、目がゴロゴロしてきたりかすれたり、こめかみの部分が重だるく感じたりする

症状が現れてきます。

対処法

休日などに長時間の睡眠を避けること

コンタクトレンズをしている方は家にいる時はなるべく外しておくこと

帽子やヘアバンドなど頭を強く締め付けるのは避ける

休む時は部屋を暗くして休むこと

強く症状が出てしまった時は

冷やすこと(血管を収縮させるため痛みが治まりやすい)

カフェインを少量取ること(カフェインは血管を収縮させる働きがあるが多く取りすぎると痛みが増発する)

目を閉じてまぶたを指で軽く圧迫する(眼圧が高くなることで痛みが起きやすいこともある)

緊張型頭痛

症状

緊張型頭痛は首まわりの筋肉の緊張や肩こりによって血液循環が悪くなることにより

起きる頭痛です。

筋肉が緊張して硬くなるためにその中を通る神経や血管が圧迫されて頭への酸素供給が悪くなり

重く鈍い痛みや頭全体が締め付けられるような痛みを感じます。

対処法

肩甲骨をしっかり動かしてあげること(手をバンザイするだけでも動きを作るのでパソコンなど多い方はオススメ)

お風呂によくつかり血液の循環を良くすること

頭皮のマッサージをしてあげること(首まわりの緊張がある場合、頭皮への循環が悪くなっていることが多い、先の柔らかいシャンプーブラシなどを使いシャンプーするのも良い)

水分補給をマメにし、酸素供給を良くすること

群発性頭痛

症状

群発性頭痛は頭痛の中では厄介な症状であり

原因としては過度のストレスだったり同じ姿勢を長時間続けることが多かったり、不摂生が続いたりと

はっきりとした原因がわからないまま症状が出てきます。

そのために病院でも診断が原因がわからなかったり、CT検査などでも不明になり

痛み止めなども効かない症状もあります。

長期間にわたってストレスを溜め込んだりした時に突然、起きる症状が多いと思われていて

症状としては、頭全体が割れるような痛みを感じたり

下を向いた時に痛みが増発するなど様々な痛みがあります。

前兆として立っている時に、軽くふらつきを感じたりすることがあります。

対処法

休息をしっかりしリラックスする時間を作ること

アルコールやタバコを避けること

長時間の作業の時などは適度に休憩を入れること

睡眠時間の確保をする

ひどい場合は酸素吸入をする

 

脳疾病に伴う頭痛

この頭痛は非常に危険な頭痛で、くも膜下出血などの脳出血などが原因で起こる頭痛です。

急な激痛があるといわれていて医学書の例としてはバッドで後頭部を殴られたような痛みだそうです。

脳出血などは急に起こる症状であり、生命に関わるため少しでも違和感を感じるようであれば

検査をする方がいいと思います。

前兆としては言葉が出てこなかったり、ふらつき、呂律(ろれつ)がまわらない、肩こりが異常にあったりと

普段ない違和感を頻度多くある場合は注意しておくといいと思います。

 

このように頭痛といっても種類がいくつもあり

その他にもいろいろな種類の頭痛は存在します。

 

多くの方が悩む頭痛の中で今日はもっとも多い慢性頭痛について書いていきました。

日常生活から改善できるようにすることで

自分自身で回復できる身体を創ることができてくると思います。

 

自然治癒力を最大限に発揮できる身体を目指していきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。