妊娠9か月でのかかとの痛み

こんにちは!鹿庭です。

妊娠中の身体の症状についてご相談いただいたので共有したいと思います。



妊娠中はお腹の中の赤ちゃんの成長に伴ってお母さんの身体は

どうしても反応として症状を出しやすくなってしまいます。

特に出産が近づいてくるとお腹がどんどん大きくなってくるので

そのお腹の状態に合わせるような姿勢を取るようになります。

 

お腹が大きくなってくることで下腹部が前に出てくることで腰の重心は前に移動してきます。

一方、上半身においては腰の前重心をかばうようにし肩の位置は後ろ重心になってきます。

これが猫背をつくるひとつの原因ともいえます。

 

今回は『かかとの痛み』ということで

下半身の重心による影響で痛みを出しています。

下腹部が前に出ることにより骨盤は後傾します。

この骨盤の後傾が起こることにより、膝が曲がりやすくなりかかとに重心が集中します。

膝の裏には足の裏へ続く腱が付くために

後傾により膝が曲がっている状態が起きれば

膝が常に緩んでしまっている状態が起きてしまい、地面を押し返すバネの働きが失われていくため

かかとに大きな負担がかかってしまいます。

バネ機能が弱くなるために、血液を心臓に押し返す働きも低下するので

むくみや重だるさ、そして痛みにつながっていきます。

しかも、妊娠という数ヶ月の中での姿勢の変化が起きるために

身体が対応しきれなくなり痛みにつながりやすいということになるのです。

 

予防としては

可能な範囲で構わないので『出っ尻』をつくってみることです。

出っ尻をつくると腰の重心が後ろに変化するので

足元の重心は指先に移動してくるので必然的に膝の裏が伸びやすくなります。

ただ、出っ尻をつくろうとすると、お腹の張りがあり苦しくなることもあると思いますので

可能な範囲でやるか、膝に意識して膝の裏が後ろに引っ張られるように立ってみることです。

 

今回は妊娠中に起きた症状についてお伝えしていきましたが

これは、普段から骨盤が後傾している人も起こる症状になります。

環境によって身体の使い方を脊髄が忘れてしまい反応が弱くなり

いつの間にか、今とっている姿勢が楽な位置になりそれが無意識に働く身体の反応です。

 

身体には『自然治癒力』や『復原力』といった力を持っていて

身体のいい位置をしっかり記憶できる力を持っています。

誰でも身体の働きを活性させる力を持っているので身体の反応を強くし活かしていきましょう!

 

個別での治療、生活指導も行っておりますのでなんでもお問い合わせください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。