仕事のパフォーマンスを上げるため

人は生活している中で無意識に様々なことが行なわれています。

身体を無意識に動かしバランスをとったりいろいろなことを思考したり痛みや違和感があればそこに意識がいってしまったりと気になり出すと集中力も奪われてしまうということも少なくありません。

何か物事を行なう中で集中力というものは成果を上げるために重要なものになります。

そこで、身体の状態を疎かにしてしまうことはパフォーマンスを下げてしまうことにつながります。

集中力を奪われる

人の身体を診ることをしているといろいろなことの原因があります。

筋肉の緊張が原因であったり骨格や内臓のバランス自律神経の乱れやメンタル状態など普段見えないことが原因であったりもします。

人は何か症状があるとそこに意識がいってしまいます。

肩こりがあれば作業を止めて肩を動かしたり腰が痛ければ腰を動かしたりしたくなります。

それがひどくなってくると病院や治療院に通うことにもなります。

作業を止めたり、病院などに通うと時間が奪われてしまいます。

単純に言えばその分の仕事の時間が削られてしまうことになり当然、売上でいえばその分下がってしまうことになります。

限られた仕事の時間の中でハイパフォーマンスを発揮するためにそこを妨げてしまっているものは解決していく必要があります。

呼吸と整え改善

普段、呼吸いうものは無意識に行ないます。

呼吸は酸素を全身に行き渡らせる大切な動作になります。

酸素が行き届くことで血液の循環が上がり全身へと酸素を運んでいきます。

本来の呼吸というのは胸が膨らむように息を吸い込んで上げることで酸素をより吸い込むことができますが現代では多くの方がお腹のみで呼吸を行なっています。

そのため、呼吸をするときにお腹あたりが膨らんだり引っ込んだりを繰り返します。

実はこれが本来、身体に入る空気の量を自然と少なくさせています。

しっかりと酸素を全身へ行き届けるために胸に空気を溜めてあげることが大切になります。

胸に空気を入れるように息を吸っていくとみぞおちあたりが凹みます。

これを行なうといつもより多く空気を吸い込むことができお腹が引っ込むために身体全体での呼吸が可能になります。

これが本来の複式呼吸と言われるものです。

相乗効果として猫背の予防や筋肉の緊張を緩和したりウエストラインを作ってくれたり内臓を引き上げたりします。

呼吸の回数や、行なう時間などは自由で構いません。

気が付いたときに行なうといいと思います。

最初は普段使わないところを使うために少ない回数でも疲れやすくなります。

普段、無意識に行なっている呼吸でもコントロールすることで身体へのプラスの影響を与えます。

このように自分で自分の身体をコントロールすることはたくさんあります。

大切な時間を有意義に使い、パフォーマンスの高い生活を送りましょう。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です