ママは子供のパワースポット

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です!

 

ここ数日、少し寒さが続いていますが

 

体調の方はいかがでしょうか?

 

少しずつ暖かくなってきたと思ったら

 

また寒くなってしまう

 

このような差が生まれるときに

 

人間のカラダは普段より強く反応してしまうものです。

 

 

ココロも同じで

 

いつもないことが起こってしまったりすると

 

そのギャップに対して

 

ストレスを感じてしまったり

 

いつもの方向へと無意識に戻ろうとする働きがあります。

 

 

これは人間の持っているホメオスタシスの働きによるものです。

 

 

どんなときにも変化に対応するために

 

必要となってくるのが

 

「柔軟性」です

 

カラダも同じで柔軟性がある方のほうが

 

ケガをしにくかったり

 

疲れにくかったりもします。

 

ココロもカラダも繋がっていて

 

どちらとも柔軟性が大切ということになりますね。

 

カラダの柔軟性が弱いと

 

ガチガチに硬くなり動きも硬く可動域も狭くなってしまいます。

 

ココロの中も柔軟性が弱くなると

 

カリカリしてしまったり

 

なぜかこの人、怖い・・・などと感じてしまうこともありますよね。

 

実はどちらとも同じようなことが起こっていて

 

しかも、それが気がつかないうちに起こってしまっていたりします。

 

 

子供のパワーの源

 

一昨日、朝一で埼玉県の秩父にある

 

三峰神社に行ってきました。

 

また、雪が残り気温も0度しかありませんでした。

 

 

この場所は僕にとってパワースポットでもあり

 

初心に還れる場所でもあります。

 

 

独立してから定期的に参拝に来る場所です。

 

このようなパワースポットって不思議な力がありますよね。

 

そこの空気に触れているだけで

 

元気をもらったり

 

気持ちが新たになったり

 

 

これって人間関係や親子関係でも

 

同じようなことが言えると思います。

 

特にママとお子さんとの間には

 

このような強い力が存在していると思います。

 

 

良くも悪くもお子さんはママをよく観察しています。

 

ママの機嫌や表情を気にしたり

 

結構、ママのことを常に気にしていたりします。

 

 

もし、お子さんが

 

体調を崩しやすかったり

 

元気がない日が続いたり

 

そんな日が多くあったら

 

ママのパワーの状態が悪いもしくは

 

向いている方向が偏ってしまったりしている可能性もあります。

 

 

余裕がなくなっていたり

 

疲れが溜まっていたり

 

ママ自身の体調が悪かったりと

 

 

そんなときは、まずママの状態のケアを優先してみてください。

 

 

子供にとってママのいる空間はパワースポットです。

 

逆にママにとって子供の笑顔のある空間もパワースポットでもあります。

 

 

そのために「良い状態」でいれる自分でいることを

 

忘れないようにしてみてください。

 

お近くの方がいれば是非、三峰神社行ってみてください!

 

 

もし、あなたのお子さんのカラダやココロの症状にお悩みの方、ママ自身のカラダの不調などありましたら気軽にお問い合わせフォームよりご相談ください。

一人ひとりにあった解決方法をご提案させていただいております。

《お問い合わせはコチラ》

 

 

追記

この度、3月6日に初の電子書籍となるを出版させていただきました。

 

出版を記念して講演会を開催することになりましたのでご興味あれば是非、ご参加ください!

お申し込みはコチラから

愛と感謝を体感! My Anniversary ~新たな自分に出会う記念日~

 

電子書籍はこちら

子供の症状の根本原因がわかる!小学生編

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です