雨の日の転倒防止のために

こんにちは!

関東に台風が上陸してきて雨のすごい勢いで降っています。

雨がひどいとよく起こるのが滑って転倒してしまいケガをしてしまうことです。

そしてその転倒が多い時は外が多いために靴を履いている状態にあり

人は滑りやすい所や足元が悪い場所では必ずつま先を使い

うまくバランスを取ろうと無意識に体がしていきます。

この足元が悪い場合ではうまくつま先を使うことで体のバランスをキープさせ

つま先の力が働くことで膝が前に抜けやすくなるのを防止できます。

 

しかし、現代の靴の中には

極端にサイドが細くなっていたり

中敷がアーチの形をしていて盛り上がっていたり

つま先部分が持ち上がっていたりと

足の本来の機能を防いでしまう形状になっているものもあります。

実際に価格の高い靴になれば余計にそのような形状になっているかもしれません。

 

このように足全体が守られてしまい

固定された状態になってしまうことで

足裏にあるアーチの働きが妨げられ本来の動きや

バランスを取れなくなってしまっています。

そのためにそのような締まった靴などを履くと

アーチの本来の働きがなくなるために膝が抜けやすく

骨盤も後ろに倒れやすくなってきます。

そのために歩く時も大股になりやすくカカトから付いてしまいます。

 

ハイヒールなどもそうですが滑りやすいのはヒールの部分だったりします。

つま先から付くことで体に張りをつくるため

バランスが取りやすくなりますが

普段から硬い締まった靴などではカカトからしか付けない状態になり

このような天候の中でも無意識に付いてしまったカカトの部分が

滑り捻挫や転倒などを引き起こしてしまうケースもあります。

 

雨の日の靴の選び方

普段からの靴の選び方

実際の足のサイズや横幅がどれくらいなのかを知っておくといいかもしれません。

 

雨がひどい足場が悪い中でも

歩かないといけない場合などは

つま先立ちをその場で何度かしてから普通に歩き出すように

するだけでも腱の張りが作れてバランスが取りやすくもなりますので

やってみてください。

注意としてはつま先だけで歩いてしまうとふくらはぎが疲れてしまうので

歩く前の体の反応をつくることとしてつま先立ちをやってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。