リラックスする味を身体へ送り届けるために

身体の疲れが溜まってくると無意識に緊張が起きてしまったり、仕事のパフォーマンスが下がってしまったりしてしまうものです。身体をリラックスさせてあげることが本来、日々意識してあげることが大切になりますがなかなか疎かになってしまうこともあります。

今回は味覚から身体をリラックスさせてあげることをお伝えしていきます。

糖分が疲れを回復させていく

身体に疲れが溜まっている時には脳への影響も大きく起こります。頭を使うことで疲れを感じるパターンと身体を使うことで身体に疲れを感じるパターンとあると思いますが、最終的にはその疲れの指令は全て脳へと送り届けられます。

そして、その脳への栄養素としてはブドウ糖になります。

ブドウ糖の詳細などは省きますがここでは糖分として伝えていきます。脳は糖分によって動かされていて脳の働きを作るのに大きな役割を持っています。

よく、疲れている時にチョコレートを取ったりするというのを聞くと思いますがこれは脳へダイレクトに送り届けリラックスするために身体が求めている反応になります。

また、甘いものを食べていると幸せな気持ちになるというのも同様のことが言えてきます。

脳へ必要な糖分を送り届けることによって心身共に喜んでいる状態こそリラックスが生まれている状態とも言えるということです。

疲れを感じたら身体は甘いものを必要としているとも言えます。

しかし、ダイエット中などで糖分を控えていたりして意識的に糖分などを取らないようにしている方などは身体に負担がかかってしまうこともあり、よくダイエット中で体調を崩す方がいます。これは体重の減少によって免疫力が低下してしまったり食事管理をしっかりしているつもりでも日常の精神状態が悪かったりする場合ではその方法では逆に身体にとって悪い影響を与えている可能性もあります。

本来、しっかりとした栄養管理などはできていれば精神的にも肉体的にも必然的に良くなっていきますが脳と身体のバランスが崩れている場合ではどこかに不調を感じてしまうことになります。

身体がリラックスを必要としていても、ダイエットなどで糖分を取らないといった習慣を作ってしまうことで脳が身体の反応を無視してしまうことも起こるということです。

それなら疲れが溜まっていると感じているのであれば少しでも糖分を取ってあげることが大切になります。

さらに栄養を循環させるために

疲れには糖分が必要とお伝えしましたが、さらには水分摂取も大切になります。

水は成人の身体に60〜70%存在しています。身体の半分以上は水分でできているために脳も水により体内で包まれています。そのため体内の水分も循環は重要になり、せっかく脳へ糖分を取り入れてあげてもその循環が悪ければ必要な部分へ送り届かない場合もあるためさらに身体を喜ばせてあげるためにはプラスして水分を意識的に取ってあげることがおすすめになります。

人間は1日の中で外に出る水分として成人で約2.8リットルと言われています。つまり3リットル近くの水分は常に入れ替えてあげる必要があり、もしその分の水分摂取を怠った時に肌の乾燥などが起こってきたり冷えやむくみの原因といったことも起こってきます。

取ってあげる水分もできれば純粋な水がおすすめになります。

必要な栄養をよりスムーズに送り届けていくためにプラスして水分を取ることでより健康な状態が作れてきます。

まずは身体をリラックス

身体にリラックスした状態を作ってあげることでストレスからも解放され、頭の働きなども活性されてきます。

今回では無理な運動やストレッチ、時間やお金をかけてマッサージなどをする前にまずは身体を少しでもリラックスするための方法を味覚からお伝えしてきました。

自分で小さいことからでも行ない、管理できていくことで身体への意識が高まってきます。

特に最近は季節的にも寒くなってきて身体も緊張を作りやすくなってきています。そのため疲れも溜まりやすくなってきます。

まずはシンプルにその疲れを少しでも癒してあげることだけで変化は出てくると思いますので、脳が必要としている糖分を少し取ってあげ、より循環させるために日常の水分摂取を意識し身体を喜ばせてあげてください。

少しでもリラックスできたら身体は解けてきていますのでそのまま身を任せてゆっくりと休ませてあげてください。

脳と身体のバランスを取り日常の健康を作り上げていきましょう。