自律神経の乱れ、不安や悩みを抱えてしまったら

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です。
 
 
 
生活をしている中で抱えてしまう不安や悩み
 
 
このようなことが強くなってしまうことで心には緊張が起こりやすくなってしまいます。
 
 
不安や悩みを抱えてしまい、心の緊張が起こることで、
 
物事の行動や判断の選択肢がかなり狭まってしまいます。
 
 
それにより、本来のあなたらしくない行動をとってしまったりもしてしまいます。
 
 
 
不安や悩みを取り除くためには、あなたらしい判断や行動ができるようになる必要があります。
 
 
今回お伝えする内容は、
 
不安や悩みなどを解決する上で、心の緊張を解き、問題に対して向き合うための「自分づくり」をお伝えしていきたいと思います。
 
このような悩みを抱えた方へ
  • 病院などで自律神経が乱れていると言われた
  • いつも不安を抱えてしまい思うような行動ができない
  • 悩みの解決の仕方がわからない
  • いつもモヤモヤしてしまいやる気が出ない
 
 

脳は疲れやすくなってしまっている

 
不安や悩みを解決は誰でもしたいと感じていると思います。
 
しかし、思いように頭の中が働いてくれなかったり考えないようにしてもいつの間にか不安や悩みは出てきてしまう…
 
 
そのような方もとても多く、現代では「無になる」ということはなかなか難しいことだと思います。
 
 
たくさん情報が溢れていて、情報に触れる機会もたくさんあり、
 
意識していなくても情報は入ってきてしまい脳は常に刺激されてしまいます。
 
 
 
そのため、無意識のうちに頭の中でいろいろなことを考えてしまうことにもなります。
 
 
 
人は一日に約6万回思考するとも言われており、無意識の中で常に何かを考えていたりするので意外と脳は休まっていないことが多く、
 
 
それにより、睡眠がうまく取れなかったり、不眠になってしまったり、体調を崩してしまったりなどの悩みも抱えてしまうこともあったりします。
 
 
 

心の緊張を取り除くためのセルフケア

 
脳に刺激を与えてしまうものとして「五感」があります。
 
 
特に「視覚」「聴覚」が脳にダイレクトに刺激を与えてしまうものとなり、今回お伝えするケアではこの2つの感覚を整える方法をご紹介します。
 
 
五感を鋭くさせるというより「柔らかくする」ようなイメージになり、逆に鋭くさせてしまうと過敏になってしまい新たに脳に刺激が入ってしまうために緊張が強かったり悩みが強かったりする方などはより、問題が活性されてしまうため、
 
 
それよりは大きく柔らかく「広がっていく」ような感じにしてあげることが大切です。
 
 
では、視覚と聴覚を柔らかくする方法についてご紹介していきます。
 

1 環境のセッティングをする

 
今回のセルフケアを行なう上で環境も大切となり、理想なのは自然が多い場所となります。
 
森や公園、川などの場所だとより効果的ですが
 
物静かな場所や自宅などでもなるべく静かな空間などがオススメです。
 
 
あなたが落ち着ける場所ということが最初のセッティングとして大切となります。
 
 
 

2 視覚を柔らかくする方法

景色や対象物などを眺めながら「耳をふさいでみる」ことです。
 
 
これは視覚からの情報だけを広げてあげて耳から入ってくる情報をシャットアウトしてあげます。
 
 
それによって今、見えているものがどのように変化していくのかを感じていきます。
 
 
耳から入ってくる情報がオフになるため、目から入ってくる情報がより大きくなってくるため
  • 景色が広く見えるようになってくる
  • 見ているもっと先がよく見えるようになってくる
  • 視界が広くなってくる
これは見ている情報が広がってくるために視覚だけが集中して働くため狭まっていたものが解け、物事などに対しても視野を広く持てるようになってきます。
 
 
 

3 聴覚を柔らかくする方法

その場で「目を閉じてみる」ということをしてみてください。
 
 
次は耳から入ってくる情報を感じていきます。
 
 
目からの情報をオフに耳をすましていき
  • 自然の中では鳥の鳴き声
  • 木や葉がこすれるような音
  • 風の音や水などの音
このような音が感じ取れるようになってきて、またどのような音が聞こえてくるかということに意識を向けてみても良いと思います。
 
 
かなり繊細な音まで感じ取れるようになってきます。
 
 
 
 

五感が柔らかくなることで相乗効果も期待できる

 
この2つの感覚に意識を傾けていくことによって、景色を見ることだったり、音を聴くということに意識が集中してくれるため日頃出てきてしまう不安や悩みが薄れてくれ、余計な考えが思い浮かばなくなってきます。
 
 
それにより「無に近い状態」にもなれ脳もリラックスされるようになってきます。
 

 
 
また、身体の症状だったり姿勢などにもプラスの影響が出る方も実際にいます。
 
 
身体の痛みや違和感なども脳から送られてくる身体への反応なため、脳が疲れていれば身体へも悪影響は出てしまいます。
 
 
 
そのため、感覚が柔らかくなり広がることにより身体の中の筋肉や内臓、神経にも良い影響が与えられるようになってきます。
 
 

まとめ

 
今回は不安や悩みにより心に緊張が起きてしまい、その緊張の解き方について五感を柔らかくする方法についてお伝えしてきました。
 
 
脳に常に刺激を与えている視覚と聴覚、
 
不安や悩みが強い場合では気がつかないうちに脳は疲労が溜まっている可能性もあります。
 
 
心に緊張が起きてしまうことで、日常での行動や選択が狭まってしまうため
 
本来のあなたらしいパフォーマンスが発揮できなくもなってしまいます。
 
 
今回お伝えした内容では、手軽にでき五感を柔らかくし心に起きてしまっている緊張を解く方法ですので緊張が解けることで、思考の整理ができるようになり冷静になれます。
 
 
不安や悩みが常に出てきてしまう方などは是非、お試しください。

The following two tabs change content below.
鹿庭 貴彦

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。 また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。

また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。