パートナーシップの悩み

外出自粛の影響で家庭内でのストレスが限界!心を落ち着かせるために大切なこと

こんにちは!
アクセスタッチアカデミー主宰の
かにわです。



4月より緊急事態宣言によって
外出自粛をしている方も
増えてきている中で

たくさんの悩みを抱えてしまう
という声も聞きます。



僕のところにも
ご相談をいただくことも
増えてきているのですが



その中で、特に
「家庭内でのストレスが限界!」
という方もとても多いものです。



その中で、特に多かった悩みが

「ひとりの時間が欲しい」

というお声でした。



他にも、

「子供へ強く当たってしまう」

「夫婦喧嘩が増えた」

といった出来事も
多くなっているようですね…



先が見えない不安にプラスして
いつもと違う環境になり

家庭内での負担も増え
心に疲れがたまってしまう
ものですよね。



誰もが感情的には
なりたくないものです。



しかし、ストレスが
たまっている時では
うまく自分をコントロール
できないもの



今回は、
こんな時にできる、自分で
「心を落ち着かせる方法」
ご紹介していきます。

カラダの感覚を感じ取ることで自分に気付く

感情的になってしまった時
「鳥肌が立つ」ような
経験をされた方も多いものです。



身の毛がよだつというような
状態でもありますが

「カッと」なって毛が逆立つ
感じですね!




そんな時の状態を
思い出してみましょう。



感情が爆発してしまう前に
カラダの様子を伺って
みることです。



イライラが心の中に
出てきている時では

カラダにサインが出ています。



それを事前に感じ取る
意識がとても大切に
なってきます。



家庭内で子供の様子を
見ている時

パートナーといる時



カラダに感じている
状態に意識を澄ませること



「鳥肌が立つ」

「心拍が上がる」

「胸の奥に苦しさを感じる」



など

このような反応を
感じる場合では
感情が揺れている時です。



このカラダの感覚が
少しずつわかってくることで

感情的になり
爆発してしまう状態を



回避することが可能と
なってくるのです。



ストレスをそのままに
することは
消していい事ではありません。



そして感情を感情で処理
することも難しいもの



是非、カラダに意識を向け
「自分自身の状態に気付いていく」
ということを心がけていきましょう!





 

ABOUT ME
鹿庭 貴彦
親子コミュニケーション、非行少年・少女たちのサポート支援活動から出版オファーがあり書籍化した『子供の症状の根本原因がわかる!』がAmazonランキング5部門1位。 本業はメンタルケア整体師 目に見えない『無意識』を感じとるための、カラダのサインを活用した『体感力を高める』オンラインセッションを実施。延べ6万人以上の実績。 元々、治療家として活動し国家資格を所持。 脳神経学、解剖生理学、生命倫理学などの医学的視点からメンタルとカラダのつながりを熟知していることから ・カラダの問題はメンタルから ・メンタルの問題はカラダから など、両輪のアプローチをしており、カラダとメンタルの深い関係を情報発信中。 主宰のオンラインセッションでは『セルフケア』を中心とした、自分の感情をカラダで感じとる体感ワークセッションを実施。