人間関係の悩み

頭で笑い、心で泣いているあなたへ

こんにちは!
アクセスタッチアカデミー主宰の
かにわです。



今日から5月がスタートしましたね。
異例のGWともなりました!



アフターコロナに向けて
次に備えていくことが
大切になりますね。



自粛のGWに
是非、自分自身と向き合って
いきましょう!



とは言っても
まだまだ先のわからない状況に
悩んでしまう方も多いものです。



悩んでしまう時というのは
当然、カラダに様々な反応も出ます。

「重だるさ」

「違和感」

といったハッキリとしない
症状などが起こりやすく



まさに「スッキリ」しない状態
というやつですね。



心の中の状態は目に見えず
自覚するまでも時間がかかるもの



中には自覚できないまま
うやむやになってしまう
こともあります。



今回は
心の状態を良くしていく
ために自分でできる

「キッカケづくり」

をお伝えしていきますね!



無理をしている自分に気付くことからスタート

悩みが深くあるのにも
関わらず、強がって
元気でいようとした経験は
ありませんか?

「大丈夫!大丈夫!」

と自分に言い聞かせたり



本当は悩み迷って
いるのに人前では

「いい感じです!」

と言葉にしてみたりしたこと
ありませんか?



これは悪いことでは
ありませんが、本当は
苦しい状態の自分に



蓋をしてしまうこともあり
その状態のことを



「心身の不調律」

「思考のマヒ」



などとも言われます。




もし、あなたの友人や家族が
悩み苦しんでいたら
どのような言葉をかけますか?



悩みを聞いてあげて
「いい感じだね!」とは
言わないはずです。



むしろ、その前に
もっと重要な一言を
かけていると思います。



悩みを抱え、出口が見えない時に
大切になってくるのは



「自分自身との人間関係」です。



無理をしているかもしれない
考えすぎているかもしれない



そんな自分に気付いて
あげることです。



無理をしている自分自身に
気付いてあげるためには



やりたいことがあるのに

「カラダが追いつかない」

「だるい、眠い」

「疲れが抜けない」



カラダがそのように
感じているということに
気付いてあげることです。



まずは気付いてあげること
自覚してあげること



シンプルですが
普段は無意識なことなので
けっこうスルーしてしまいがち



気付いてあげることで
心の中に変化が生まれてきます。



自分自身の頭の中ではなく
あなた全体が感じていることを
大切にしてみましょう!









ABOUT ME
鹿庭 貴彦
親子コミュニケーション、非行少年・少女たちのサポート支援活動から出版オファーがあり書籍化した『子供の症状の根本原因がわかる!』がAmazonランキング5部門1位。 本業はメンタルケア整体師 目に見えない『無意識』を感じとるための、カラダのサインを活用した『体感力を高める』オンラインセッションを実施。延べ6万人以上の実績。 元々、治療家として活動し国家資格を所持。 脳神経学、解剖生理学、生命倫理学などの医学的視点からメンタルとカラダのつながりを熟知していることから ・カラダの問題はメンタルから ・メンタルの問題はカラダから など、両輪のアプローチをしており、カラダとメンタルの深い関係を情報発信中。 主宰のオンラインセッションでは『セルフケア』を中心とした、自分の感情をカラダで感じとる体感ワークセッションを実施。