人間関係の悩み

人前での自分の表情ってどうなっているか知ってますか?

こんばんは!
アクセスタッチアカデミー主宰の
かにわです。



本日は無意識に作り出される
「表情」について
お伝えしていきます。



あなたは
自分の表情が人前で
どのようになっているのか
考えたことありますか?



実はこの部分は
あまり自覚ができていない方が
ほとんどであり



誰かに言ってもらって
はじめて気づいたり
するものです。



この表情というものは
頭の中にあることが
そのままストレートに
表現されるものでもあります。




難しく考えすぎてしまうと
眉間にシワが寄ったり
緊張していると
引きつってしまったり



逆に安心していると
目元や口元が緩んだり
とバライティーに富んだ
表現をしていくものです。



つまり、頭で思考していることが
自分の気づかないうちに
現れてしまい目の前の人に
そのまま伝わります。



人はその人の第一印象を
判断する時間として
会ってすぐでは約30%もあり



会ってから3分では
おおよそ75%は判断されている
結果も出ています。



そして、その中で
何を見て判断するのか
という結果では

・表情

・身だしなみ

・声、話し方



が上位にあり
視覚や聴覚といった
ものから受け取っているのです。



これはその人の
本来の姿とは関係なく
その時の思考状態からつくられる
表情や雰囲気などから
その場で判断されていると
いうことになります。



思っている以上に
自分自身の印象というのは
相手には伝わっており



頭の中にネガティブなものが
多ければ多いほど
その分だけ相手に伝わっている
ということです。



そのため印象を変えていくには
足りない部分を補うのではなく
まずは、頭の中にあるものを
整理していくことです。



整理していくためには
難しく色々と考えるのでなく
まずは、自身の 「良さ」を知っていくこと



自分の良い部分にフォーカスし
そこを自覚し、より高めて
いくことです。



集中するのは「良さ」を
自覚することであり
それらを自然に表現できる
状態になっていくことが大切です。



何度も自分自身と向き合い
それでもうまくいかなかったり
同じ悩みに頭を抱えてしまう場合では



自分のコンプレックスの部分や
周りなどの外側に意識が
フォーカスされている可能性があり



色々なことに気が散って
しまっている状態かも
しれません。



これから自粛も明け
社会も動き出していく中で
人と関わる機会も増えてきます。



是非、このタイミングで
自分の良さを知り
自然体で表現できるように
していきましょう! 









 

 

 

ABOUT ME
鹿庭 貴彦
親子コミュニケーション、非行少年・少女たちのサポート支援活動から出版オファーがあり書籍化した『子供の症状の根本原因がわかる!』がAmazonランキング5部門1位。 本業はメンタルケア整体師 目に見えない『無意識』を感じとるための、カラダのサインを活用した『体感力を高める』オンラインセッションを実施。延べ6万人以上の実績。 元々、治療家として活動し国家資格を所持。 脳神経学、解剖生理学、生命倫理学などの医学的視点からメンタルとカラダのつながりを熟知していることから ・カラダの問題はメンタルから ・メンタルの問題はカラダから など、両輪のアプローチをしており、カラダとメンタルの深い関係を情報発信中。 主宰のオンラインセッションでは『セルフケア』を中心とした、自分の感情をカラダで感じとる体感ワークセッションを実施。