マインド

SNSはその人の本質が表現されている

こんばんは!
アクセスタッチプロデューサーの

鹿庭です。

ビジネスにおいて

SNSを活用している人は

10年前に比べ80%も増加しています。

多くの場合SNSでの見せ方などを

研究していきビジネスの
コンセプトにあった演出を

考えることも多いかと思います。

自分自身の

USPにあった自分を表現することに
考える時間を使い努力することも

多いのではないでしょうか?

一般的にはSNSでは理想の自分しか

見せないと思われがちですが

事実はまったくの逆になります

それどころか近年の研究では

SNSにこそ真の人間性
露わになることがわかっており

現実では、みんなSNSに本性を

出しているのです。

例えば、誰かのタイムラインを見て

『この人優しそう』と思えば

実際にその人は優しいパーソナリティ

である可能性が高く

『攻撃的だなぁ』
という印象を持った場合は
本当にそのような性格だと

考えられます。

このように相手が受け取る印象は

本人が自覚していない無意識の部分
つまり、写真の表情や顔色や目線
などがモノの数秒の内に

伝わっていることになります。

これがカラダが作り出す

真の姿でもあり
演出した自分自身の裏側が

例えば
バタバタと忙しければ
それが印象として伝わり

夏バテ気味であれば
加工して隠したとしても
表情に現れてしまうこともあり

時にはイメージ付けされて

しまうこともあります。

そのように考えると

日頃から自分自身の状態を
フラットな状態にキープできれば

自然体のままの自分
SNSでも自分を表現することが

できるようになります。

自分自身を俯瞰して

リラックスしているけれど
芯のある状態がキープされている状態

感情に揺さぶられなく
冷静になれる自分軸の位置を
知ることで自分らしさが

自然と表現されるようになります。

本来のあなたを

表現していき理想とするお客様に
出会うための自己表現を

SNSでもしていきましょう!

 

本日は以上になります。

来月も楽しく進んでいきましょう!

 

 

 

ABOUT ME
鹿庭 貴彦
親子コミュニケーション、非行少年・少女たちのサポート支援活動から出版オファーがあり書籍化した『子供の症状の根本原因がわかる!』がAmazonランキング5部門1位。 本業はメンタルケア整体師 目に見えない『無意識』を感じとるための、カラダのサインを活用した『体感力を高める』オンラインセッションを実施。延べ6万人以上の実績。 元々、治療家として活動し国家資格を所持。 脳神経学、解剖生理学、生命倫理学などの医学的視点からメンタルとカラダのつながりを熟知していることから ・カラダの問題はメンタルから ・メンタルの問題はカラダから など、両輪のアプローチをしており、カラダとメンタルの深い関係を情報発信中。 主宰のオンラインセッションでは『セルフケア』を中心とした、自分の感情をカラダで感じとる体感ワークセッションを実施。