YouTube

人前で話す時に緊張してしまう時の対処法!

 
 
 
かにわ
かにわ
こんにちは!本来の自分を取り戻し、人の目が気にならなくなる!アクセスタッチプロデューサーのかにわです。

今回は人前で緊張してしまう時に平常心になれるアクセスタッチをご紹介していきますね!
 
 

緊張を解くために大切なこと

大勢の前でお話をする時では
頭の中が真っ白になってしまったり
 
アガってしまい
用意していた言葉が出てこない
なんてことがあるかもしれません。
 
 
そんな時、大切なのは
リラックスした状態になることです。
 
 
 
ここで言う
リラックスというのはある程度
中心に芯のある状態
ということであり
 
平常心ということです。
 
 
そんな状態を作るための
アクセスタッチをご紹介していきます。
 
 

リラックス状態を作っていくためのアクセスタッチ

では
リラックス状態を作っていくための
アクセスタッチをご紹介していきます。
 
 
まず、頭の中で
最近少しだけ嫌だったことを
思い浮かべていきます。
 
 
その時に心に感じる状態
体感してみましょう!
 
 
 
例えば、
心が狭くなるような感じや
イライラが蘇ってくる感じなど
 
 
なんでもいいので少しでも感じたら
その状態を体感してみましょう。
 
 
 
次にそのイメージを外していただき
 
自分の左手の薬指の先
軽く触れていただき
 
 
もう一度だけ
先ほど嫌だったことなどを
イメージしてみましょう。
 
 
 
 
この時に最初に感じた
イライラなどが
感じなければOKです。
 
 
 
少しだけ違いを感じれると思います。
 
 
 
やり方は5秒程度
触れていただくことで
 
フラットなリラックス状態が
キープできるようになってきます。
 
 
 
ソワソワしてしまったり
緊張状態が起きてしまう時では
 
一旦、自分をフラットに
することが大事なので
 
 
 
そこで活用できるのが今回ご紹介した
左手の薬指の先を触れてあげることです。
 
 
 
 

頭に血が上らなくなると混乱しなくなる

今回はリラックス状態を
作るためのアクセスタッチを
ご紹介していきました。
 
 
 
実なぜ、左手の薬指に触れることで
フラットな状態になれるかというと
 
 
この部分にはツボが存在します。
 
 
このツボには
メンタル状態を安定させる作用があり
自律神経の乱れを整える効果もあります。
 
 
 
一見、ツボというのは
強い刺激や鍼などを使うことで
効果があると言われますが
 
 
ただ触れるだけでも
カラダは反応し効果を
生むこともたくさんあります。
 
 
 
 
人前で話をする時に緊張してしまい
自分らしさが発揮できない場合などでは
ぜひ、お試しください!
 
 
 
 
 
 
 

ABOUT ME
鹿庭 貴彦
親子コミュニケーション、非行少年・少女たちのサポート支援活動から出版オファーがあり書籍化した『子供の症状の根本原因がわかる!』がAmazonランキング5部門1位。 本業はメンタルケア整体師 目に見えない『無意識』を感じとるための、カラダのサインを活用した『体感力を高める』オンラインセッションを実施。延べ6万人以上の実績。 元々、治療家として活動し国家資格を所持。 脳神経学、解剖生理学、生命倫理学などの医学的視点からメンタルとカラダのつながりを熟知していることから ・カラダの問題はメンタルから ・メンタルの問題はカラダから など、両輪のアプローチをしており、カラダとメンタルの深い関係を情報発信中。 主宰のオンラインセッションでは『セルフケア』を中心とした、自分の感情をカラダで感じとる体感ワークセッションを実施。