自己肯定感アップ

自信を高めていくために必要な在り方

こんにちは!
メンタルケア整体師のかにわです。
 
 
自信がなかなか持てないという方が
意識すると良いことを今回はご紹介していこうと思います。
 
 
 
ただ自信って
つけようと思ってつくものでもなく
 
いろいろなことを
経験していく中で身についていくものでもあります。
 
 
 
では、ここを
体感学の観点からお伝えしていきますね!
 
 
 
 

心が感じる「なんか良いな」を受け取る

まずは、頭でいろいろと考える前に
自分自身の心の中の反応を感じ取ることが大切です。
 
 
「なんか良いなぁ」
 
 
と感じることは
誰もがあるのではないでしょうか?
 
 
 
この根拠はないけど
「なんか良いなぁ」と感じる自分をしっかりキャッチしましょう!
 
 
この時は、
自分の感性が反応をしている時なので
 
頭で感じる前に
カラダが受け取っているのものです!
 
 
 
あなたが、
「なんか良いなぁ」と感じる
 
人や場所、モノなどに注目し
そのようなことに触れてみることです。
 
 
つまり行動してみるということですね!
 
 
 
まずは、反応したら動いて
 
実際に自分の目で見て、耳で聴くこと。
 
 
 
そこから感じ取れることを大切にしてみましょう。
 
 
 

多くの人は答えを探し出す

しかし、多くの人は
事前に答えを求めてしまうことも多いものです。
 
 
 
でも、感じるということは
まずは答えを求めずに感じた自分を信用することです。
 
 
 
結局、答えというのは
自分の中にしか存在しなくて
体感してはじめてわかるもの。
 
 
 
でも、答えを求めてしまうのもわかります。
 
 
なぜ、答えを先に
求めてしまうのかと言えば
 
 
それは…
 
安心したいからであって
 
そのままの自分では、
不安で自信が持てないと思い込んでしまっているからです。
 
 
 
でも、自信は後から必ずついてきます。
 
 
しかし、何もしなければ自信などつきません。
 
 
 
もし、答えを求めそうになったら
一度、自分自身に返ってみるという意識を持ちましょう!
 
 
答えは自分自身の中に必ず存在します!
 
 
 

根拠がなくても感性を信用する

自分の感性を信用して、
反応するままに行動をしてみることで答えが出てきます。
 
 
 
簡単に言えば、
 
 
「やってみて良かった」
 
「行って良かった」
 
「知れて良かった」
 
 
など、
またその逆もあります。
 
 
このように実際に
行動に移してみることで
 
 
『感じる気持ち』
 
 
が存在するのです。
 
 
 
止まっていては何も変化しないけど
 
一歩でも進んでみれば、
必ず見える景色が変化していき
 
そこから見えるものが変化します。
 
 
 
根拠なんかなくても
すぐに答えが見つからなくても
 
 
「あなたの感性は反応しています」
 
 
この反応を大切にしていき
自分の感覚だけは信用していきましょう!
 
 
 
そして、そんな意識を
持っていきましょう!
 
 
 
 
それでは。
今回の内容は以上になります!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました!
 
 
 
 
 
 

ご登録はこちら

 
 
 
 
 
 

ABOUT ME
鹿庭 貴彦
親子コミュニケーション、非行少年・少女たちのサポート支援活動から出版オファーがあり書籍化した『子供の症状の根本原因がわかる!』がAmazonランキング5部門1位。 本業はメンタルケア整体師 目に見えない『無意識』を感じとるための、カラダのサインを活用した『体感力を高める』オンラインセッションを実施。延べ6万人以上の実績。 元々、治療家として活動し国家資格を所持。 脳神経学、解剖生理学、生命倫理学などの医学的視点からメンタルとカラダのつながりを熟知していることから ・カラダの問題はメンタルから ・メンタルの問題はカラダから など、両輪のアプローチをしており、カラダとメンタルの深い関係を情報発信中。 主宰のオンラインセッションでは『セルフケア』を中心とした、自分の感情をカラダで感じとる体感ワークセッションを実施。