マインド

変わりたい人は多いけど変わろうとする人は少ない

おはようございます!
かにわです。
 
 
 
メンタルケアの仕事をしていると
本当にいろんな方と出会います。
 
 
 
そんな中で、
変わっていく人と
 
残念ながら変われない人では
たったひとつの理由があります。
 
 
 
それは、
 
 
「変わろうとすること」
 
 
です。
 
 
 
変わりたいと願う人は多くても
変わろうとする人はほんのひと握りです。
 
 
変わろうとするというのは
 
 
自分自身と、
 
・向き合い切ること
・向き合う質を上げること
・諦めないこと
 
などがありますが。
 
 
 
多くの方は、
向き合おうとしても
 
 
「時間がない」
「お金がない」
「体調が良くない」
 
 
といったように
やらない理由を浮かべます。
 
 
 
そして肝心な、
変わろうとすることを後回ししてしまいます。
 
 
後回しにするから
やがて忘れてしまい
 
 
気が付いたら
いつもの自分に元通り
なんてこともあるのです。
 
 
 
そういう方は、
だいたい、先月と同じ悩みを
今月も話しているケースがほとんど。
 
 
制限は自分が勝手に作っています。
 
 
なので、
もし、できない理由(思い込み)
 
が出てきてしまったら
ぜひ自分に問いかけてみてほしい。
 
 
「じゃあどうするのか?」と。
 
 
それでも良くなりたいですか?
 
それとも諦めますか?
 
 
その選択はあなた次第です。
 
 
 
逆をいえば、
できない理由が出てくる時
 
 
そんな時は、
試されている時でもあります。
 
 
 
だからこそ、
そんな時に自分が何を選択するのか?
 
 
 
今のあなたの選択次第で
今日が明日が大きく変わってくるのではないでしょうか?
 
 
ぜひ、後悔しない選択を!
 
来月も同じ悩みに苦しまない選択を!
 
 
 
 
 
ABOUT ME
Avatar photo
鹿庭 貴彦
メンタルケア整体師・著者・セラピストプロデューサー 1984年、埼玉生まれ。16年間セラピストとして活動し、これまで延べ6万人以上のクライアントの心とカラダの問題を解決してきた。 現在では、オンラインを中心としたセルフメンタルケアを提供している体感学の学校を主宰。 これまでに200名以上の人が受講したセッションであり現在はセラピスト育成にも力を入れている。 著書『子供の症状の根本原因がわかる!小学生編』では、Amazonランキング5部門1位、ベストセラー1位を達成する。