マインド

癒しと根治の違い

おはようございます!
かにわです。
 
 
 
来月より主宰の
メンタルケアセラピスト
養成講座がスタートするのですが
 
 
今回もユニークなメンバーが集まり
昨日も一人ひとりの企画をいろいろと考えていました。
 
 
 
これからは
オンライン化するといっても
 
ただすればいいってわけじゃなく
いかにセラピストとしても
ポジションを取れるかが大切です。
 
 
 
なので、
このタイミングで改めて
 
 
この講座の内容も
大きく変えていこうと考えています。
 
 
 
メンタルケアの必要性が急務な今、
それぞれの持っている経験から
素晴らしいものを一緒に作っていきたいと思います。
 
 
 
 
では、本題です!
 
 
 
本日は、
 
 
「癒しと根治の違い」
 
 
についてご紹介です!
 
 
 
今月から、
対面でのヒーリングセッションも
再開したこともあり
 
 
カラダのご相談をいただく機会も
以前より増えてきました。
 
 
 
そこで、思うのが
癒しと根治がゴチャゴチャになっていること。
 
 
これはセラピスト側にも
問題があるのですが
 
 
 
カラダの症状を治したいのに
 
 
癒しの施術に
時間とお金をかけている人が多いということ。
 
 
 
例えば、マッサージでは、
ただ、気になる部位を揉むだけでは
 
 
当然として、
症状の根治にはなりません。
 
 
「緩めれば良くなる」
 
 
この考えは、
症状を良くすると考えた時に
正直、ちょっと危険な考え方。
 
 
 
もちろん、
揉む角度や刺激の質によっては
回復することもあるのですが
 
 
 
現在、多く存在している
リラクゼーション系では
 
 
「癒しがメイン」
 
 
なので、
なかなかそういう部分まで
見ることのできるセラピストは少ないものです。
 
 
 
なので、
もしあなたが
 
 
今現在、何かカラダの症状で
悩んでいるとすれば
 
 
癒しか?治すのか?
 
 
ご自身の中で、
ますここを明確にすることです。
 
 
 
こういうシンプルなことを
しっかりと明確にすると
 
 
 
今の症状において、
何を選択すべきなのかが見えてきます。
 
 
 
これを間違えてしまうと
 
「元に戻ってしまう」
 
「何度も通わないといけない」
 
 
といった、
ループにハマります。
 
 
 
まずは、自分の心身は
自分自身で守っていくこと。
 
 
ここが大切なので、
心においてもカラダにおいても
 
 
「癒しか?根治か?」
 
 
この2つのどちらを
求めているのかをぜひ明確にしてみてくださいね!
 
 
 
しかも、最近
寒くなってきたので
 
 
特にカラダは、
動き出しを注意してくださいね!
 
 
 
 
それでは。
本日もお読みいただきありがとうございました!
 
 
 
 
 
 

ABOUT ME
鹿庭 貴彦
親子コミュニケーション、非行少年・少女たちのサポート支援活動から出版オファーがあり書籍化した『子供の症状の根本原因がわかる!』がAmazonランキング5部門1位。 本業はメンタルケア整体師 目に見えない『無意識』を感じとるための、カラダのサインを活用した『体感力を高める』オンラインセッションを実施。延べ6万人以上の実績。 元々、治療家として活動し国家資格を所持。 脳神経学、解剖生理学、生命倫理学などの医学的視点からメンタルとカラダのつながりを熟知していることから ・カラダの問題はメンタルから ・メンタルの問題はカラダから など、両輪のアプローチをしており、カラダとメンタルの深い関係を情報発信中。 主宰のオンラインセッションでは『セルフケア』を中心とした、自分の感情をカラダで感じとる体感ワークセッションを実施。