美姿勢をつくるには良い姿勢をしないこと!?

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です!
 
 
テレビは雑誌などで良く目にする「姿勢」
 
 
誰もが一度は自分の姿勢を気にしたことがあると思いますが、
 
最近では街を歩いていても至るところに
 
「骨盤矯正」「姿勢美人」「インナーマッスル」などという文字も目にするようになってきましたね。
 
 
少し前には「美姿勢」という言葉も流行り、いろいろなグッズなども販売されていました。
 
 
 
「姿勢」が良くなることで身体にはたくさんのメリットがあります。
 
しかし、姿勢を良くするための過程の方がもっと大切なこととなりその過程を間違えてしまうことで
 
逆に身体には不要な負担がかかってしまう恐れもあります。
 
 
今回は当サロンで行なっている施術や実際に訪れていただいたクライアントの方が変化した過程などをお伝えしていきたいと思います。
 
このような悩みを抱えた方へ
  • 姿勢が悪く身体が辛い方
  • 体重がなかなか減らなく悩んでいる方
  • 何度か姿勢矯正などをしたが効果がなかった方
  • なんとなく自分の姿勢が気になる方
  • 姿勢を良くしたいと思っている方

 

カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加
 
 

1 なぜ、姿勢が悪い人が増えているのか?

 
先日、経営者の交流会に参加し、そこであるカイロプラクターの方がお話していたのですが、
 
「たくさんの方を治療してきたが姿勢の良い人を今までに見たことがない」
 
とおっしゃっていました。
 
 
 
姿勢や骨格に対してのプロである、カイロプラクターの方がこのようなお話をしていて僕自身、その言葉に疑問を感じたのですが、これだけ整骨院や整体院などが増え続けている中で「姿勢の良い人がいない」というのがプロの口から出てしまうというのが現状として起きてしまっているということです。
 
 
なぜ、このような問題が起きてしまっているのか、
 
 
それには治療院などでの施術内容や指導、健康グッズなどにも問題があり、身体にとっては逆効果なことも起きてしまうということです。
 

1-1 そもそも良い姿勢とは!?

では、そもそも「良い姿勢」とはどのような姿勢なのでしょうか?
 
多くの方がイメージする「良い姿勢」というのは、
 
  • まっすぐな状態
  • 左右均等で傾きのない姿勢
  • 背筋が伸びていて綺麗な姿勢

 

このようなイメージを持つのではないかと思います。
 
 
しかし、これが本当に身体にとって良い状態なのでしょうか?
 
 
例えば、良い姿勢を取るために「胸を張る」「足を組まない」といったことを意識したとして、
 
 
多くの方は10分続けるのも苦痛になってしまう…といったことが起きます。
 
 
 
身体にとってはその時点で、
 
「苦痛」「ストレス」を感じてしまい、不要な緊張がプラスにかかってしまうことにもなるのです。
 
 
 
つまり、ここでいう「良い姿勢」とは「良い状態」ということであり、
 
「良い状態」とは余計な緊張が起きていない状態とも言えます。
 
 

1-2 誤った情報がつくる身体の症状

 
 
「姿勢が悪い」というのは一つの結果として起きている身体の問題です。
 
 
そのために悪くなってしまった過程がそれぞれの方には必ず存在します。
 
 
しかし、メディアや多くの治療院などでは
 
その結果である「姿勢が悪い状態」に対してフォーカスしたグッズや指導、治療などが行われています。
 
 
これは過程を無視してしまい、その場の症状や状態に対して蓋をしている状態とも言えます。
 
 
そのため、姿勢が悪くなったというのは一つの身体からのメッセージであり、
 
これ以上、身体がひどくならないために出しているサインであることにもなり、大切なのはそのサインの原因を見つけ出してあげることになります。
 
 
 
 

2 意識を向けて欲しい身体のサイン

 
どんな問題にも過程が存在しその過程を無視しては解決にもつながりません。
 
 
「姿勢が悪くなった」ということの原因も、
 
何も「猫背姿勢が多いから」「足を良く組んでしまうから」
 
 
という訳ではなく、その人が「猫背にならないと」「足を組まないと」
 
バランスが取れない状態となっていることに問題があるのです。
 
 
では、この無意識に起きてしまっているそのようにしていないとバランスが取れなくなっている状態というのを実際にあったクライアントの方を例に解説していきます。
 
 
 

2-1 原因は身体の内側に存在していた

 
 
30代の女性になりますが、肩〜背中の張り強く猫背の悩みを抱えて当サロンへ来られました。
 
 
長時間、座り仕事をしていると肩〜背中にかけて張り感を強く感じ、次第に辛くなってきて集中力が持たない様子でした。
 
 
 
お話を聞いていくと、約10年前に婦人科系の疾患にかかっていることがわかり身体の内側の状態を確認していくと、
 
 
 
子宮が左側へと傾きを作っていることがわかり、それにより周りの組織が緊張し、猫背姿勢になってしまい肩や背中に対しても緊張を作ってしまった状態となっていました。
 
 
この傾きを改善させることで、症状や姿勢も自然と変化しご本人の体感としても楽な状態で座る事が可能になったそうです。
 
 
 

2-2 過去のケガなどは貴重な鍵となる場合もある

 
 
上記のクライアントの方は今回の悩みの症状に対しては、過去の疾患による原因が隠されており、
 
 
子宮自体が傾きを作ってしまったことで、身体が緊張を作り上げてしまったものになります。
 
 
施術としても肩や背中は一切触ることなく、もちろん猫背矯正なども行ないませんでした。
 
 
この場合、猫背や肩〜背中の張りという症状の種は10年前の子宮の問題であったのかもしれません。
 
 
一見、関係のないと感じてしまいがちなことですが、身体は全身がまんべんなくつながっていて、
 
どこかが悪くなればどこかにも影響するようになっています。
 
 
さらにその症状などが古ければ古いほど、クセもので記憶の中から消えかけてしまうため頭ではわからなくなってしまうのです。
 
 
しかし、身体はわかっており常にメッセージを送っていたということになっているのです。
 
 
 

3 大切なのか結果ではなく過程

 
このように、過去の疾患やケガ
 
まだ完治できていない古くからの症状などは、今起きているあなたの姿勢や症状にも大きな影響を与えています。
 
 
その場の症状のみに意識が向いてしまうと、身体からのメッセージが聞こえなくなり
 
 
むしろ悪化してしまう可能性もありますので、
 
「良い姿勢」「良い状態」ということを理解していただき、無理に緊張を作る姿勢などをするのではなく
 
 
今、姿勢が悪くなってしまっている現状を受け止め、過去に起きた疾患やケガなど、どんなことでもいいので一度、頭の中で整理してみてください。 
 
 
 

まとめ

 
今回は「美姿勢」をつくるために大切なことについてお伝えしてきました。
 
 
姿勢が悪くなっている人が増えている現状やその対処の方法が部分的になっていること。
 
 
身体はまんべんなく全身がつながりを持ち、一つ一つが細胞としてしっかりと働いていること。
 
 
今起きている状態だけでなく、過去の身体のケガなども現在起きている症状や歪みにも深い関わりがあること。
 
 
このように一つの「姿勢」でも一人ひとりが起きている問題は様々であり、
 
その問題を解決し「美姿勢」になるための答えはあなたの中に存在しますので是非、一度ご自身の身体全体の状態を確認してみてください!
 
 
 
また、何をしてもなかなか改善されない方やその他、身体の症状や姿勢などでお悩みの方などがいましたら気軽にご相談ください!それぞれにあった改善方法をご提案させていただきます。
 
 
 
カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加

The following two tabs change content below.
鹿庭 貴彦

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。 また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。 また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。