あなたのお子さんは頭痛を訴えていませんか?

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です。

 

2月になり、学生たちは受験まっしぐらで日々、机に向かっていると思います。そんな学生たちの親御さんもまた子供たちのサポートのために協力をしている最中ではないかと思います。

 

受験を乗り越えるにも身体の状態が良くなければハイパフォーマンスの発揮はできません。

 

また日々の子供たちの勉強も身体の状態を安定させておくことで効率よくこなせていけることと思います。

 

今回はそんな子供たちが最近よく抱えてしまう頭痛についてお伝えしていきます。

 

 

 

実は常に頭痛がある

中高生を診ていると頭痛持ちの子供たちが結構いることがあります。

 

目立って症状を訴えてくるわけでもありませんが実は常に頭痛がありいつもどこかスッキリしない状態になっているという相談があります。

 

中には頭痛があることが当たり前と思ってしまったり頭痛とまでいかなくても頭重感のような重だるさがありその症状が慢性化してしまっている子供たちもいます。

 

そのために、頭痛があったとしてもあまり相談をしてくることが少ないこともあり、何かの怪我などのきっかけで私の所にも治療に来る子供たちもいますが、その怪我の経過が良くなってくると実は小さい頃から頭痛があるなどと伝えてくれることがあります。

 

このように痛みというものに対して、慣れてしまっていて放っておいてしまうといったこともあり親御さんに言うほどでもないと判断してしまうことがあり気がつくと長い間、頭痛を持っていることが大人になってからわかったりします。

 

しかし、頭痛というのは集中力を奪い勉強の効率や頭に入ってくる吸収されるものも弱くなってしまいパフォーマンスも下がってしまいます。

 

ママたちも子供が症状を訴えてこない限り、頭痛を持っているなどというのはわからなかったりしますがやけに集中力が低下していたり、朝起きれなかったり、夜になかなか寝なかったりする場合では頭がスッキリしない状態が子供たちに起こっていることがあります。

 

そんな時では、直接聞いてあげるのもいいですし、顔色を確認してあげてください。

 

直接、身体に触れてあげて緊張が起こっていないかなどもコミュニケーションのひとつとして行なっていくこともいいでしょう。

 

ママのサポートで子供をスッキリさせる

先程、お伝えしたような集中力が欠けていたり、寝つき寝起きが悪かったりする場合にママが子供の身体に触れてあげ緊張をチェックしていくポイントをお伝えします。

 

下まぶたの色を確認

下まぶたが赤いか白いかのチェックなどはよく聞くと思いますがそれを子供たちにやってあげましょう。しっかりと循環が整っている場合では赤い色をしていますが、白い場合では血行が悪くなっていて脳への酸素不足が起こっているためにどこかスッキリしない状態が起こっていることがあります。

 

頭皮の硬さを確認

頭皮の硬さなども軽く頭を押してあげて確認してみるといいでしょう。寝つきが悪かったりする場合ではやけに硬かったり柔らかすぎたりしていることもあるので特につむじあたりを確認してみるといいと思います。また、フケが多い場合でも循環が悪くなっている可能性があるので確認してみてください。

 

耳や頬の緊張を確認

頭への循環が悪い場合では耳を軽く引っ張ったりすると硬さを感じたり痛みを感じたりすることがあります。また頬も軽く擦ってあげた時に張りがあったり左右が違うことがあると緊張が起こっていて循環の悪い状態になっていることがあります。

 

この3つのチェックをしてあげるだけでも、緊張状態がわかったりしてきます。少しでも緊張があれば循環を良くしてあげることをしてあげましょう。

 

いつもより長く入浴されたり身体を温める根菜類などを食事の中に取り入れたり、子供がまだ小さい場合では一緒に寝てあげたりしてあげるものいいと思います。

 

ママが確認することで

子供たちが症状を持っていても慣れてしまえばそれは訴えてくることもなく当たり前と思い込みがちです。

 

しかし、大人でも頭痛があったり頭がスッキリしないとどこか集中できずモヤモヤしてしまうと思います。

 

子供たちもそれは同じで成長期にそのような症状を持つ場合ではメンタル面でも悪い影響になってしまいます。

 

お伝えしたようなチェックを行なってもママ自身が改善させようとしなくてもまずは子供にそんな症状があるということを知ってあげるだけでもいいと思います。

 

大切なのは触れて確認してあげることや子供の身体の状態をママが理解してあげることです。

 

日常での子供たちの様子を見ていきながらいつもと違かったり違和感などがあるようなら一度、身体の状態を聞いてあげてみてください。

 

 

自分のお子さんが長年の慢性化した症状で悩んでいる方などがいましたら気軽にご相談ください。早期の解決法は必ず存在します。

 

ママも子供もスッキリとした日常を送っていきましょう。

The following two tabs change content below.
鹿庭 貴彦

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。 また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。

また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。