ただの偶然ではない!?子供が大事な日に限って熱を出してしまう3つの原因とは

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です!
 
 
 
ママにとって大事な予定の日などに子供が熱を出してしまう…
 
 
といった経験がある方は多いのではないかと思います。
 
 
 
 
どうしても仕事が休めない日であったり、予定があり出かけないといけない日であったりするとき、
 
 
 
朝からお子さんが熱を出してしまう、保育園などから電話がかかってきてしまうという話はよく聞くことでもあります。
 
 
 
これには「ただの偶然」ではなく原因があります。
 
 
 
大事な日に限って子供たちが熱を出してしまうものでは、
 
 
「心因性の発熱」というケースがほとんどです。
 
 
 
子供たちが心に緊張を作ってしまうことによって起こしてしまう発熱でもあり、 
 
 
本日は子供たちが大事な日に限って熱を出してしまうことの3つの原因についてお伝えしていきます。
 
このような悩みを抱えた方へ!
  • 子供がよく熱を出してしまい予定が入れられない方
  • 大事な日に限って必ず子供が熱を出してしまい悩んでいる方
  • 子供が体調をよく崩すためなかな仕事などができない方

 

1 子供の状態 生活環境の管理をする

 
まず、ひとつ目はお子さん自身の生活の状態を管理してあげることです。
 
 
心因性の発熱が起きてしまう場合では、身体だけでなく心の面にまで緊張が起こりやすくなっています。
 
 
 
そのためにまずは、お子さん自身が緊張を作ってしまっている原因を知りリラックスできる環境を作ってあげる必要があります。
 
 
 

1-1 子供たちが心身的に緊張が起きてしまう原因

 
子供たちは大人に比べ、物事に対して敏感に反応します。
 
 
その中で、緊張を作りやすくなってしまう原因として「環境の変化」があります。
 
 
保育園や幼稚園に行き始めた場合
 
小学校に入学した、新学期になった場合
 
 
など普段の生活から変化が起きたときに心身的に緊張が起こりやすくなっていきます。
 
 
 
不安があったり逆にワクワク感があったりもし心の中にも様々な変動が起こりやすくなります。
 
 
 
その中で、自律神経系にも影響が出やすくなってしまい、
 
 
交感神経の働きが強くなるとこで緊張が起こりやすくなってしまい、発熱であったり体調を崩しやすくなることもあります。
 
 
家とは違う環境に置かれるということは少なからず不安が起こりますので、保育園や学校での様子などは定期的に確認してあげることも大切となっていきます。
 
 

1-2 現代の子供たちは脳が疲れやすくなってしまっている 

 
現代の子供たちは、スマホなどをすごく器用に使いこなします。
 
 
また、ひと昔と違いゲームなども小型になりいつでもどこでもできるものとなっていますね。
 
 
 
これらを長時間やり続けてしまうことで、
 
顔と画面の距離がすごく近くなってしまうために、視覚から入ってくる情報もすごく近距離から入ってくるため、脳も疲れやすくなってしまいます。
 
 
それによって熱が出てしまったり、頭痛が出てしまったりも起きてしまうこともあるため、
 
 
特に寝る前にはスマホを見たりゲームをすることを避けてあげて、なるべくリラックスさせてすぐに睡眠が取れるような環境作りが大切になっていきます。
 
 
 
 

2 ママの身体の状態を確認していく

 
ふたつ目はママ自身の状態についてです。
 
 
子供たちはすごく純粋なので、その場の雰囲気であったり空気感というのをすごく吸収しやすく、
 
 
そのためママが疲れを溜めていたり、イライラしていたり焦っていたりすることで無意識のうちにこのような雰囲気や空気感を子供たちは吸収していきます。
 
 
 
それが子供に移ってしまいママの代わりに身体の緊張を作りやすい状態ということもあります。
 
 

2-1 ママが予定がある日をどう感じているのかを子供は見ている

ママ自身が仕事や予定がある日に対して、プレッシャーや不安を感じたりすることが強ければ強いほど子供たちはそのような姿を見て自然と吸収してしまうこともあります。
 
 
子供たちにとって
 
その日はママにとって辛い日なのかな?
 
ママにとって良い日ではないのかな?
 
という感じに捉えてしまうため
 
ママに無理してほしくない!!
 
ということも踏まえて代わりにサインとして熱を出してしまうというケースもたくさんあります。
 
 
もし、このようなことが強い場合では、
 
 
ママ自身の中で心の中を整理してあげることも大切となっていきます。
 
 
 

2-2 ママ自身も身体の状態をチェックしてあげることが大事

ママ自身もなるべく自分の身体の状態をチェックしてあげることが大切になります。
 
 
 
身体に緊張は起きていないか、疲れが溜まっていないか、痛みなどは起きていないかなどの確認をしてあげ、
 
 
お子さんと同様に身体をリラックスさせることを心がけていく必要もあります。
 
 
 
毎日忙しいという方などでは、メンタル面の整理などが難しいという場合もありますので、
 
 
そのような場合では、いつもより寝る時間を少しだけ早くすることやお風呂に入る時間をいつもより長く入ってみるなどをして副交換神経の働きを作ってあげることも大切となります。
 
 
睡眠の質を高める方法はコチラ
 
 
 
 
 

3 家庭内のコミュニケーションが大きく関係する

 
最後に家庭内での状態を大切にしていくことです。
 
 
家庭内で起きている会話であったり、旦那さんとの夫婦間での会話なども大切となります。
 
 
 
子供たちにとっては家庭内での会話はとても影響があります。
 
 
どなたでも経験があると思いますが、
 
友達関係や会社内の中でも同じことが言えますが。
 
 
例えば、上司の方がイライラしていてかける言葉が否定的であったりする場合ではどうしても場の雰囲気って沈んでしまうことがあると思います。
 
 
これと同じように子供たちに対しても似たような影響を与えてしまうことにもなります。
 
 
 
そのために夫婦喧嘩などは子供たちの前ではなるべく避けるべきであり、
 
 
子供たちは喧嘩の内容ではなく、そのときのお二人の表情や言葉などの雰囲気を感じてしまいます。
 
 
 
では、そうならないために大切なのは、
 
 
日頃からの夫婦間でのコミュニケーションですね。
 
 
 
子供たちが寝た後になるべく言葉にしてお互いの思っていることを伝え合うことが大切となります。
 
 
そこで喧嘩にならないためには、感情も一緒に伝えてみることです。
 
 
例えば、
 
洗い物をお願いしたけどやってもらえずに私は悲しかった
 
洗濯物をたたんでくれて、私は嬉しかった
 
 
などといったように、私はそのときどう感じていたのかを嬉しいことも悲しいことも伝えることです。
 
 
 
日頃から言葉にしてコミュニケーションを取ることで、
 
大きな喧嘩も防げますし、お互いの理解も深まっていきます。
 
 
そしてさらには、そんな雰囲気が子供たちに反映し子供たちの身体への負担も自然と予防できるようになっていきます。
 
 
 

まとめ

本日は大事に日に限って子供たちが熱を出してしまう3つの原因についてお伝えしていきました。
 
 
子供たちは心の中にある問題をうまく言葉に表現することができません。
 
 
そのためにサインとして身体へと訴えかけていきます。
 
 
 
子供たちにこのような症状が出ることが多い場合では、
 
1 子供の生活環境の状態を整えること
 
2 ママの身体の状態を再確認していくこと
 
3 家庭内のコミュニケーションを確認していくこと
 
 
をもう一度振り返っていただき、
 
 
なるべくママ自身がストレスを溜め込まない、身体に疲れを溜め込みすぎないということを意識してみてください。
 
 
 
 
また、今回お伝えしたことはママの心の中の状態が深く関わりがあるので、強度にストレスを抱えてしまっている場合などではこれらの整理をうまくできない場合もあります。
 
 
 
そのような場合では、一人で抱えずに一度ご相談ください!今のあなたの状態に合わせていき一人ひとりにあった解決方法をご提案させていただきます。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。