こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です!
 
 
 
寒い季節になってくると、悩みとして起こりやすい
 
「冷え性」
 
 
現代では多くの方が抱える悩みのひとつでもあり、
 
特に手足の末端の冷え性では約8割の方が抱える悩みでもあります。
 
 
 
 
また、最近では小さなお子さんでも冷え性であり、それが自覚もないという問題も起きてしまっています。
 
 
 
今回は冷え性を改善させるためのケアについて
 
当サロンに来られるクライアントさまにも実際にあったケースなどからご紹介していきたいと思います。
 
このような悩みを抱えた方へ向けて
  • 手先や足先の冷えが強く何をしても改善されない方
  • 何をしても冷えが強く改善されない方
  • 体温が低く体調をよく崩してしまう方
 
カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加

そもそも冷えはなぜ起こるのか?

 
冷え性は一般的には血液循環が悪いことで起こるものと言われます。
 
 
 
特に冷えを感じやすいのが手足になると思いますが、
 
手足でも冷えを感じている場合では皮膚表面への血液循環が悪くなっている状態とも言えます。
 
 
さらに皮膚は感覚が鋭い場所でもあるため冷えというのも特に感じやすい場所でもあります。
 
 
 
また、皮膚というのは身体でも一番、外に近い部分でもあるため、血管も細くなっており、
 
 
人間の身体というのは「内臓」などの身体の中心にあるものに対しての血液を優先的に送り届ける働きがあるために、皮膚などになると順番的には後回しになりやすい部分でもあります。
 
 
 
 
そのため、内臓が疲れていたり、慢性疲労による筋肉の疲れなどがある場合では冷えも起こりやすい状態にもなってしまうことになります。
 
 
 

手足の冷えはただの結果!原因は??

 
 
血の巡りが悪くなり手先や足先に行き届かなくなり冷え性となりますが、
 
 
川の流れに例えていくと
 
 
ある流れの悪い川の流れがあったとしたときに、
 
その原因として考えられるのが「水不足」か「どこかで流れがせき止められている」
 
ということが考えられると思います。
 
 
身体の中の血液の流れも同じことが考えられますね!
 
 
 
そのために末端の流れが悪くなっている結果に対して、
 
何が問題で原因なのかを解決していかないことには、いくら手足の部分を温めてあげたり防寒対策やマッサージ、ストレッチなどをしても繰り返してしまうことになってしまいます。
 
 
 
まずは、日頃からの「水分補給」により代謝の状態を良い状態にしてあげ身体の循環を良くしていき、さらに「せき止められている部分の解除」が大切となっていきます。
 
 
 
では、次にその「せき止められている部分」で特に多い原因とその改善方法について解説していきます。
 
 
 
 

冷え性の原因を知り改善させる方法

 
冷え性が起きてしまう原因である「せき止められている部分」
 
その部分の解除をしてあげて日頃から血液循環を良い状態にしておくことで冷え性の改善にもなっていきます。
 
 
とてもシンプルに行なえる方法となりますので隙間時間に是非、お試しください!
 
 

手先の冷えが強い場合

手先の冷えなどが強い場合では、手先への血液の流れと関係があるものでは「肩関節」となります。
 
肩関節では、ちょうど脇の下に大きな動脈が存在します。
 
 
 
日頃から肩こりや肩周りの動きが悪い場合では、その脇の下の動脈にも影響が出てしまい、流れをせき止めてしまうことにもなります。
 
 
 
ケアとしては
 
 
  • 腕を真上にあげてバンザイをする習慣をつける
  • 腕全体をブルブル震わせる運動をする
 この時に、肩甲骨から動いているイメージを持ちながら動かしてあげることが大切となります。
 
 
肩周りの動きが悪い場合では、バンザイをした時などに真上に上がりにくかったり、左右が均等に上がらない場合もあります。
 
 
その理由として、肩甲骨の動きの悪さがあり
 
肩甲骨の動きが作れることにより肩周り全体への動きも改善され血液の循環も良くなっていきます。
 
 

足先の冷えが強い場合

 
足先への循環が悪い場合で特に多い原因としては「股関節」になります。
 
 
 
股関節というのは本当に硬くなりやすい方も多く、
 
日常生活の中でも股関節は「ある一定の動き」しかしなくなります。
 
 
 
それによって股関節周りというのはどうしても硬くなりやすい場所でもあり、
 
 
その影響により、腰や膝などにも症状を出してしまうこともあります。
 
 
 
また、股関節付近も大きな動脈が存在しており、その部分がせき止められやすくなっていきます。
 
 
 
ケアとしては
 
 
  • 四股(しこ)の立ち方をする
  • 股関節を意識しながら歩く
 四股の時に腰が前後に曲がらないようにし、股関節の硬さが強く痛みがある場合ではできる範囲で行なってください。
 
 
 
 
普段から頭の中でどこを意識しながら動かしていくかというのはとても大切となり、意識しただけでも身体は反応し動きを作ろうとしていきます。
 
 
そのため、普段からもどこをイメージしながら動かすかという習慣をつけてあげることでより効果的になり身体全体への循環も良くなっていきます。
 
 
 
特に股関節は人間の身体の中で「老化が最初に始まる場所」とも言われており
 
 
それだけ股関節は大切な場所でもあり、身体にとっても重心を支えたりする場所でもあるため要(かなめ)でもあります。 
 
 
 

まとめ

 
今回は冷え性に悩む方に向けてシンプルにできるケアについてお伝えしていきました。
 
 
やることは簡単なのですが、
 
意外と日常生活の中で忘れがちな動きであったりもします。
 
 
血液の流れを考え、どこで流れがせき止められているのかを理解していき
 
身体にとって必要な動きをしっかりと作っていくことで驚くほど改善されていきます。
 
 
特に大きな関節である
 
「肩関節」と「股関節」の動きを日頃から作っていくことで全身への血液循環も良くなり
 
 
体質そのものの改善も期待できますので是非、お試しください!
 
 
 
 
強い冷え性の悩みやその他お身体の悩み、お子さんの症状などについての悩みなどありましたら気軽にご相談ください!それぞれの方にあった改善方法を無料でご提案させていただきます。
 
また、LINE@でも日常の中でシンプルに取り組めるケアやお得情報について配信しておりますのでご興味ある方は友達登録してくださいね!
 
カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
【ID:@hzu5518f】
友だち追加

おすすめの記事