力まずに芯のある緩んだ身体づくり

日々のパフォーマンスを上げていくことやそれを維持していくことは身体のケアだけでも思考のコントロールだけでも成り立たなく両面ともが良い状態が理想とされてきます。

どんな状態が理想の状態なのか、必要なときに集中力が発揮でき、必要なときにはリラックスのできる身体では芯はあるが緩んでいる身体の状態とも言えます。

施術家の視点から感じること

実際に人を施術する仕事をしているといろいろな方と出会います。多くの方は自分の身体に起こっている症状を邪魔者にします。しかし、大事なのはなぜ、今それが起こっているのかということです。今起こっている症状という悩みを解決していく前になぜそうなってしまっているのかを大前提に知ってもらいます。

簡単に言えば、今それが起こっている理由は『必要なことだから』ということになります。

肩こりや腰痛がある場合はその痛みを出すことによりバランスを取っています。椎間板ヘルニアがある場合ではヘルニアを作ることによりバランスを取っています。そのため、マッサージや痛み止めなどで痛みを一時的に消してもまた肩こりや腰痛は出てきます。ヘルニアもたとえ手術して取ったとしてもまた症状が出てきてしまうことも多くあります。これはそれがないと身体がバランスが取れないからです。

実際に症状を邪魔者にしてしまうほど症状に悩まされている方は多いです。なぜ、その症状が起こっているか、日常の姿勢なのかその人の運動特徴なのか、ストレスなのか、食事なのか、いろいろなことが考えられると思いますが大きな原因と向き合う前にそれだけバランスが崩れてしまっていてそれを症状が教えてくれていることを理解していく必要があります。

そのため、施術を行なう際には自分がどれだけゼロになることができるかの大切にしています。自分の先入観を捨て、目の前のことを俯瞰して見ることで、見えてくるものや聞こえてくること感じることがまったく変化していきクライアントさんのちょっとした言葉や表情が身体の症状の解決の糸口になっていたり、スポーツで成果が出ない原因であったりすることが自然と見つかっていくこともあります。

施術では「おれが治すんだ!」モードになると熱が入り集中してしまいます。集中すればするほど細胞レベルで緊張をし力みが身体に入り緊張は相手に伝わり相手も力んでしまい必要のない筋肉の緊張までも作ってしまうこともあり毎日、マッサージなどに通ってしまう場合では元々の筋肉などの緊張に加え、余計な緊張までもが身体に起こってしまっている可能性もあり施術家の一つの自我で治りたくても治らない身体を作ってしまうこともあります。

人間の治癒能力というのは不思議で自然と良くなるために勝手に働き続けている。その働きを邪魔せずにより効率をあげていくことが施術家の役割になり「おれが治すんだ!」モードではなく「相手は治るんだ」モードで接していくことで邪魔をせず治癒力の働きが生まれてきます。

治療マニュアルや症状ばかりにこだわってしまうと集中しすぎてしまい見えるものも見えなくなってしまい自我の押し付けになり結果、相手との調和がとれず崩れてしまうこともあります。

 

人間関係でも同じようなことが起こっている

施術を通して相手に伝えることというのは実際に手で触れているのですぐに反映されわかりやすいこともありますが実は似たようなことが人間関係でも起こっています。

人の悩みの相談などを聞いているときに、アドバイスする側などは『相手をわからせよう!』と強く思っている場合などでは説得に近い自分の価値観をただ伝えているだけになってしまい根本的なその本人の悩みの解決にならなかったりします。会社などの会議などでも社長だけスッキリしてスタッフは混乱してしまうケースなども良く聞く話です。

しかし、これは良くなってもらいたいからという思いなので何も誰が悪くて何がいけないという問題でもなく、集中しすぎてしまい本来の目的から外れてしまっただけであり、相手を思う気持ちには違いありません。だからこそ自分自身を俯瞰し相手を信じ自我を押し付けないことで自然と相手は話しやすい状態へとなっていくものです。

身体も心もバランスを取る

身体に不調がある場合では、思考の乱れが起きていたり固執した考えがどこかで起きていたり、悩みが絶えないときには身体の状態が良くなかったりすることが起こります。どちらともバランスが取れていることが大切で、今自分に起こっていることに対して自分の状態を再確認していくこともできてきます。

身体の症状が強いときは気持ちの面に視点を当ててみたり、また逆にメンタル面に負担を感じているときには身体へ視点を当てていくことで自然と変化し良い状態へと進んでいったりもしますので問題だけに焦点を当てず大きく広く自分を見つめることで解決されてくることもあります。

両面のバランスが取れているときこそエネルギーの高い状態が作れてきます。

The following two tabs change content below.
鹿庭 貴彦

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。 また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。

また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。