こんにちは!自律神経・内臓専門整体師の鹿庭(かにわ)です!

 

今回の記事はセラピストをしている方、これから目指そうとしている方に向けてお伝えしていきます。

 

セラピストという職業に対して、いろいろなイメージがあるかと思います。

 

中にはタイトルの通り、重労働でカラダも悪くしてしまう?なんて疑問もお持ちの方も実際には多いですし、そのようなイメージもあるのは確かです。

 

今回は、そのイメージの実態やそうならないために大切なことを書いていきたいと思います。

このような悩みの方に向けて
  • セラピストとして将来に不安の方
  • 実際にセラピストとしてカラダに不調のある方
  • 仕事の時間が長くやめようか悩んでいる方
  • これからセラピスト を目指している方
公式LINE@お得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加

雇用形態によっては重労働にもなってしまう

セラピストと言っても様々な種類が存在するものです。

ここで言う、セラピストとは人のカラダのケアや治療をする方のこととしてお話していきます。

 

働く形態によっても労働の負担は大きく変わってくるものです。

 

個人事業主として店舗を持ってやっている方や会社員として店舗に属している方、

大きく分けるとこの2つになるのではないでしょうか?

 

僕のようにフリーランスで関東に2つの店舗を持ちながら、地方への出張施術などもする特殊なケースもありますが、大半の方は雇われの身として店舗に所属していることが多いです。

 

拘束時間が長くなるほどカラダへの負担は大きい

会社員としてセラピストをしている方に多い悩みのひとつが「拘束時間」ですね。

 

僕自身も独立前までは、整骨院の雇われ院長をしておりまして拘束時間も15〜18時間くらいありました。

 

休みは基本は週2日でしたが、間で出勤になったり、休みの日も仕事の連絡があったりと正直休めている感覚はほとんどありませんでした。

 

同じような経験をされている方もいるのではないでしょうか?

 

この拘束時間はカラダの負担はもちろんなのですが、それより負担がかかるのが心の面です。

 

少なからず、この記事を読んでいる方は現在の勤務時間に不満を感じている方だと思いますが、不満が長いこと続いている場合では心の面の負担は蓄積されている状態ともなっています。

 

個人では2つの原因が大きく影響する

個人で経営しながらセラピストをされている方でも、自身の方針スタイルによっては大きく負担をかけてしまっていることもあります。

 

予約や新規の方が多く、毎日が忙しい場合に店舗としてはありがたい話ですが、余裕がなくなってしまうこともありますよね。

 

また、逆にお客さんや患者さんがほとんど来ず、余裕を持てなくなってしまうケースもあります。

 

個人の方で悩んでしまう問題はこの2つが多く、さらには自分自身の提供しているものや時間に見合った対価を得られていないという不満感も出てしまうこともあります。

 

いずれにしても心の余裕が持ててない状態が長いこと続いてしまうと当然、カラダにも負担がかかってきてしまい本来のパフォーマンスも発揮できなくなってしまいます。

 

 

そうならないために選択すべきこと

心の面の負担が強くなってくればカラダへの影響も大きくかかってきてしまいます。

 

これはセラピストとしてのお仕事に関係なく、すべての職業にも言えることかもしれませんね。

 

そうならないためには、自分自身がどう選択していくかが大事になってきて、雇われている身であり不満をかかえてしまっている方では一度、自分自身に問いかけてみてください。

 

社長、もしくは店長・院長に

「本当についていきたいと思えているかどうか?」

「勝たせたいと思っているかどうか?」

 

これは組織の中で仕事をしていく上ですごく大切なこととなります。

 

モチベーションになり、あなた自身のためにもなるのですが、もしこのような気持ちがない場合では成果も出せにくいですし、当然カラダや心の面にも負担はかかり続けてしまいます。

 

不満をかかえて今後どうするか悩んでいる方やこれからセラピストになりたい方はこの基準を意識して選択してみてください。

 

 

また、個人でやられている方では「自信」を再確認してみましょう!

 

これは技術や知識の自信というわけではなく、今現在の自分自身の方針に自信が持てているかどうかです。

 

少しでも不安があるのなら、そこを置き去りにしないことが大切になります。

 

特に個人の場合は代わりがいませんので、

「これでいいのかな?」という不安がある場合は早急に解決することがカラダや心の面に負担をかけないことにもなります。

 

自分の状態を知ること

現在のお仕事の形態は自身の選択になっています。そしてその中で感じていることも本音のひとつです。

 

不満が出てきてしまっている中でも、カラダや心の症状に悩んでしまっている方々はあなたのところに訪れてきてくださいます。

 

カラダが資本のセラピストとして自分の状態を常に理解しておくこと、自己観察が何よりも大切です。

 

不満や不安をそのままにすることが一番、良くないことなのでなるべく早めに向き合うことをしてみてください!

 

また、僕のLINE@でもご相談なども受け付けておりますので気軽にご相談いただければと思います。

カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加

おすすめの記事