こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です!
 
 
 
心の中の悩みの問題として「感情」というものは大きく関わりのあることでもあります。
 
 
時にはあなたの行動そのものを妨げてしまったり、時には加速させてくれるものでもあり、
 
 
生活する上で切っても切り離せないものでもあります。
 
 
自然と心の中から溢れ出てくる感情により、ストレスをためてしまい、不安や葛藤が強くなってしまいどうしていいのかわからないと苦しみ悩んでしまう方も多いのではないかと思います。
 
 
 
今回はそのような方に向け、出てくる「感情」との付き合い方についてお伝えしていきます。
 
このような悩みを抱えた方へ
  • いつも不安があり、どうしていいのかわからない
  • つい、感情的になってしまい子供や家族、他人にあたってしまう
  • とにかくストレスを解消したい
  • 理由もわからずイライラしてしまう

 

 
カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加

 

自然と出てくる感情は貴重なメッセージである

 
あなたの心の中で自然と溢れ出てくる「感情」により、あなた自身が感じてしまうものがあるかと思いますが、その時に不安や恐れ、葛藤や怒り、はたまた喜びなど様々な喜怒哀楽があるかと思います。
 
 
 
喜びなどの嬉しいことや感動していることに関しては心の乱れも起きないことであるため、特に辛い気持ちは出てこないものですね。
 
 
 
 
しかし、ネガティヴな感情が出てきた時に多くの方が苦しんでしまいます。
 
 
 
その感情に支配されないためには、出てきた感情からのメッセージをしっかりと理解していく必要があります。
 
 
 
そのメッセージを受け止めることにより、あなたの心の中の整理ができるようになり自身でどのように判断するべきなのかがハッキリとしてくれるためストレスからも解放されるようになっていきます。
 
 
 
 
 
では、どのようなメッセージであり、それらを受け取るためにはどうしていけばいいのかをお伝えしていきます。
 
また、これらはネットラジオでも解説していますのでコチラもお聴きください!
 

 

まず、感情によりあなたの気分が楽しいとかワクワクといった状態であれば、
 
 
その時は特に何かを意識する必要もないため、そのまま流れに身を任せていくことで問題ありません。
 
 
 
 
しかし、悩みを抱えてしまう方ではネガティヴな感情によるものが多いためそのような場合では、なぜネガティヴな気持ちになってしまうかということの理解が必要となります。
 
 
 
 
感情が出てきた時、気分が悪くなってしまう、悩んでしまうという場合では「あなたの心はそれを望んでいない」ということになります。
 
 
 
その気分になる方向に進んでほしくないという心からのメッセージでもあるということです。
 
 
 
 
ここで大切なのは、そのメッセージを受け取りどうしていくかというよりは、まずは自分はそう感じているということをしっかりと感じていくことです。
 
 
 
 
最初は「そう感じているんだなぁ」程度で問題ありません。
 
 
 
 
これにより、今の自分の内側の問題を知るキッカケにもなり感情に支配されてしまうことを止めてくれるキッカケにもなります。
 
 
 
まずは、感情により出てきた反応をメッセージとして受け取る習慣をつけていくことが大切となっていきます。

 

 

実は悩みのタネは感情ではない

 
「感情」という言葉を辞書などで調べてみると
 
 
「気持・心持」ということや「快・不快を主とする主観的な側面のもの」
 
 
と記載されています。
 
 
 
 
しかし、人間の心理の中では「感情」というのはその人から出てくる自然の反応であり、そこに良し悪しも存在しないと考えます。
 
 
 
ですが、感情により悩みを抱えている方は多く存在し、その問題のタネは何なのかと考えた時に感情と同時にセットで付いてくるものがあるということです。

 

 

感情とセットに付いてくるもの

 
「感情」は誰もが持っている自然の反応でありますが、それとセットで付いてくるものが
 
「気分」というものです。
 
 
 
感情というのは自動的にその人の心の中で出てくるものであり、
 
その感情によってその人の「気分」が左右されるものでもあります。
 
 
 
 
つまり、あなたを足止めしてしまうものや悩みというものになってしまうタネは「気分」によるものであり、
 
 
先にお伝えしたあなたへの心からのメッセージも実は「気分」が教えてくれているものとなります。
 
 
 
 
 
そのために、自然と心から出てきたことに対してどんな「気分」になるのかを受け止めてあげることが重要となります。

 

 

無理に感情を除外しなくてもいい

 
感情が出てきて、気分により気持ちが辛くなってしまったり考え込んでしまう方の中で、
 
 
多くの方がしてしまうことがあり、それが感情により出てきた気分を除外しようとしてしまうことです。
 
 
「これは考えなくていいんだ!」
 
「ポジティブにいよう!」
 
「笑顔で常に感謝していよう」
 
 
など、出てきたものを無理やり打ち消そうとしてしまい、
 
 
 
せっかく出てきたあなたへのメッセージも無視してしまうことにもなってしまい、蓋をしてしまうことになります。
 
 
 
そうなると蓋はいずれまた開いてしまい、同じような状態が繰り返されてしまいます。
 
 
 
 
大切なのは受け止めることです。
 
 
 
無理をすることでもなく、今あなたがどんな状態にいるのかを知ってあげることです。
 
 
そのために、まずはメッセージをしっかりと受け取り、受け入れてあげることです。
 
 
 
シンプルに「今、自分はそう感じているんだな」くらいでまずは大丈夫です。
 
 
 
 

自分を知ることで自然と余裕が持てる

 
今回は、心の中の問題としての「感情」についてお伝えしてきました。
 
 
感情というのは自然に出てくるもので生きていく上では切り離せないものです。
 
 
 
そのため、自分自身が感じていることを知ることが大切となります。
 
 
 
 
知るためには、感情とセットで出てくる「気分」からのメッセージを受け取り、今どんな気持ちを感じているかを受け止めることです。
 
 
 
 
最初は意識が必要ですが、気が付いた時にこのように感じてもらうと、自然と心の中は整理されていきます。
 
 
 
 
また、心の状態が整理されることで身体への負担も少なくなり心身ともに良い状態にもなれますので、まずは受け入れ、知るということからスタートしてみてください!
 
 
 
 
 
 
 
自律神経症状や不安症などの悩み、お身体の不調や慢性症状でお悩みの方は気軽にご相談ください!それぞれの方にあった改善・解決方法をアドバイスさせていただきます。
 
カラダを整えるお得情報を配信中です!
また、個別相談もコチラからも可能です。気軽にメッセージください!
↓↓↓
友だち追加
おすすめの記事