起業ストーリー

お財布の中がたったの3円になりました。

こんばんは
アクセスタッチプロデューサーの
かにわです。

本日は僕が起業をした時のことを
お伝えしていきたいと思います。

元々は柔道整復師という
国家資格を持っていて
会社員として一つの店舗の
雇われ院長をやっていました。



実は起業した時は準備万端という形で
起業をしたわけではなく
会社員の時にリストラをされました。

リストラの理由は
僕のやりたいことが会社の移行に
合わずにある日の夜に
上司2人と企業コンサルの人に



これまで得てきた知識や技術
生活スタイルやあり方を
全否定され、挙句の果てに
地方の店舗移動の話がありました。



まさに3−1の言葉の袋叩き…笑



その後は幹部会議でも
僕の発言はほとんど流され
突然、給料を下げられたりと
納得がいかない日々が続きました。



当時、整骨院業界は不況でもあり
利益追求のためにマニュアル化
仕組み化が進み



お客様より利益が優先
必要以上の施術を提供し
多い時で一人のお客様に
月に15回も来院してもらう

誰に対しても同じ施術
同じ指導と評価



このやり方に納得ができずに
会議内で抗議をしても
流されてしまうか
正論で返されてしまう

といったようなことが続き
やがて発言すらできなくなり
戦意喪失をしてしまい
退職をすることを決意しました。



そんな感じで、資本なしコネなしで
セラピストとして起業することに
なりました。



知識や技術には自信があったので
勢いで起業しましたが
そうもうまくいくものでは
ありませんでした。



集客においてブログにしても
SNSにしても、すべて自己流で
やればやるほどうまくいかず

そもそも認知すらされない状態
当然として、お客様など来ない
そんな状態が続き、収入はゼロ
経費ばかりがかさみ、やがて



お財布の中身はたったの3円のみ…



当時は食費をTポイントカード
ポイント残高で補っていたことも
ありました。



このままだと続けることも
できなくなってしまう…

ある日、大きな決断をしました。



今月、100万円を達成できなかったら
すべて諦めよう…



セラピストとして10年以上やってきて
同じように上司との関係に悩み
自分らしさが出せない
そんな悩みに苦しむ人を
一人でも無くしたい



そんな想いを持って
起業をしたことを
ここでできなかったら諦める

そう決断した時に
今までの自分に悔しくなり
どうしても諦めたくない
気持ちになりました。



今思えばこの時の悔しさは
駆動力になったのだと思います。



結果として、15日間で
なんとか100万円
達成することができました。



できない自分ができるように
なったことや悔しさから
駆動力となった記録は



今でも僕の中に残り
苦しい生活を経験した中で
体感してきたことが



今、お伝えしている
アクセスタッチの中にあり
これまでにたくさんの方に
キッカケを与えられるように
なりました。



これからも起業をしたけど
いろいろな感情に揺れてしまい
行動ができない方や



やる気はあるけど
自分をどう表現していいのか
わからないという方の



キッカケとなる
アクセスタッチを多くの方に
お伝えしていきたいと思います。



本日は以上になります。
最後までお読みいただき
ありがとうございました!





ABOUT ME
鹿庭 貴彦
鹿庭 貴彦
本来の自分を取り戻し、人の目が気にならなくなる!アクセスタッチプロデューサーの鹿庭貴彦です。私はこれまでセラピストとして約5万人以上のクライアントさまの心とカラダの問題と関わってきました。現在ではオンラインでアクセスタッチというボディーワークを提供し全国に生徒さんがいます。自分軸を確立し自信を持って毎日を自分らしく過ごせるようサポートをさせていただいています。