自己肯定感の勘違い!本当はどんな自分も愛さなくていい

 

自己肯定感という言葉を今ではよく聞くものでもあり、様々な書籍や高める方法なども世の中に出ています。

 

自分を肯定する力を身に付けていくことの重要性がある中で、間違えやすい捉え方や活用の方法も実際にはあるのも事実で今回は間違えない自己肯定感の身に付け方をご紹介していきます。

 

かにわ
こんにちは!アクセスタッチアカデミー主宰のかにわです。自己肯定感を高めるという方法に隠された落とし穴、それを知ることで自分自身の向き合うべきポイントなどが明確になります。自己肯定したいという気持ちの裏側にはどのような本音が隠れているのでしょうか?心の内側にある問題と必要な捉え方を見ていきましょう!

 

自己肯定感を高めたい裏側にある本音

自己肯定感を高めていきたいと感じている方の多くは、その裏側には「自己否定」というネガティブなマインドが隠れています。

 

周りを気にしてしまい、思ったような選択ができなかったり、何かやりたいことがあるのに自身の過去の経験から「自分にはできない」と選択をしてしまったりと自分の気持ちを否定してしまう。

 

自分を大切にできなくなってしまい、さらに自分を責めてしまい、また悩んでしまう。

 

自己否定という問題に支配されていることで、マイナスな悪循環の中に入ってしまい、自分ひとりでは出口が見つけられないこともよくあるものです。

 

まず、最初にあなたが「自己肯定感」を高めたいと思う理由をしっかりと自分の中で把握してあげることが大切となります。

 

 

自己肯定感を高めていくための落とし穴

自己肯定感を高めていくために、今では様々な方法がありますが、その中で注意が必要なことも実際にはあります。

 

それは、

「どんな自分も受け入れる」

「どんな自分も認める」

「どんな自分も許す」

 

という自分自身の捉え方です。

 

ここでいう、「どんな自分も」というのは、今出てきている感情や気持ち、自分の状態すべてという意味でお伝えしていきます。

 

先にお伝えしたように、自己肯定感の裏側には「自己否定」というネガティブなマインドが隠れていることもあり、これには、色々な過去の経験やトラウマによって自分を責めてしまい、「自分を愛せない」「自分を大切にできない」ということが起きてしまうのですが、

 

「自己否定している自分」というのは、実は「本当の自分の心理」「本当の自分で生きている」と考えた時にマインドが作り上げたものであり、自分自身ではないということが非常に多いものです。

 

ネガティブなマインドに支配される

自己否定が起きてしまう最大の要因は、あなた自身がネガティブなマインドに支配されてしまっているということです。

 

マインドはマインドでしかなく、あなたではありません。

 

マインドというのは、本来は自分を守るために生まれるものなのですが、気付かぬうちに膨らみすぎて、いつの間にかネガティブなもの、「自己否定しているマインド」がその人自身を支配していくことになります。

 

そうなることで、「自分がこうしよう!」と思っても、

「でも誰かに何か言われるのではないか」

「周りにどう思われてしまうのか」

 

とネガティブなマインドが入ってきてしまい、自分で「やろう!」と決めた自分自身までもマインドに支配されて動きを止めてしまう結果になってしまうのです。

 

 

本来の「本当の自分」というのは、「これをしたい!」と決めたはずが、過去の自分や経験などから作られたマインドがそれらを止めてしまうことになってしまうのですが、本来の自分自身は「そうしたいと思った自分」というところになります。

 

そうなると、「本当の自分」と「自己否定している自分(作り上げたマインド)」の2つが目の前に存在していることになりますが、「どんな自分も」という捉え方の中で、これらを両方「自分」と捉えてしまうと、本来の自分じゃない自分までも受け入れてしまい、自分を否定している自分の姿までも受け入れてしまうことになり、自己肯定感を高めることが難しくなってしまい、いつまでも同じ悩みに頭を抱えてしまうことにもなってしまうのです。

 

人間関係に影響を出すこともある

どんな自分もOKといったように、自己否定している本来の自分じゃない自分までも受け包んでしまったり、そんな自分までも愛してしまうと判断することで、時に「人間関係の影響」を及ぼしてしまうこともあります。

 

「どんな自分でもいいんだ」と捉えてしまうことで、過度にわがままになってしまい、チームワークが取れないこともあり、周りから不快に思われてしまったり、離れていってしまったりし、それによってさらに問題を抱えてしまい、悩んでしまい、また「自己否定」をしてしまうといったところに戻ってきてしまうのです。

 

そのため本当に必要なことは、「どんな自分も許す」「どんな自分も愛する」というようなことは、「どんな自分も」ではなく、「本当の自分」をただただ許す、受け入れるだけです。

 

 

本当の自分を許すだけ

今回は自己肯定感を高めるための勘違い、捉え方の注意点についてお伝えしてきました。

 

裏側に隠れた「自己否定」というものはすごい影響力を持っており、いつの間にかそれも自分自身だと感じさせるように同化してきます。

 

しかし、それはマインドでしかなくあなたではありません。

 

なので、「自己肯定感を高めるため」には、自己否定している自分までも受け入れるのではなく、自己否定している自分は別物と捉えてあげて、「本当の自分」をただただ許してあげて、受け入れてあげるだけです。

 

もし、自己肯定しようとこれまで努力してきてもうまくいかない、立ち止まってしまうという方などは是非、意識して取り組んでみてください。

 

 

 

 

もしもこの記事を気に入っていただけたら、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ にほんブログ村


   

潜在意識ランキング

おすすめの記事