悩みの解決は角度を変えると見えてくる

かにわ
こんにちは!アクセスタッチアカデミー主宰のかにわです!

今回の内容は、悩みの解決を角度を変えてアプローチする方法についてお伝えしていきます。

どのようなことに意識を向けるべきか?悩みから解放され楽になっていく方法をご紹介します。

思考優位な状態は問題をより悪化させてしまう

人間関係の悩みや自分自身に対して心の内側の悩みなど、悩み事を深くかかえてしまった時に、頭の中がすごく働いてしまうことも多いと思います。
これを「思考優位な状態」と言いますが、頭で考えすぎてしまうことで「自分自身の過去の経験」「トラウマ」などが次々と溢れ出てきて、
「周りからどう思われてしまうだろうか」
「嫌われたくない」
「過去にうまくいかなかったから」
「昔、傷ついた経験があるから」
などといった、ネガディブなことをすごく考え出してしまうことが多く、悩みの解決に対して物事を考えることがネガティブなものに邪魔をされて、解決するどころか悪い方向へ進んでしまうこともあります。
そんな時に少しだけ角度を変えていくことで、悩み事も楽になることもあり、新たな改善の道が見えてきたりもします。

意識の視点を変えると悩みの大きさも変化する

悩み事がある時に、その悩みに集中してしまうと思考優位な状態になってしまい、場合によっては悩みの大きさをより拡大させてしまい、さらに苦しい状況を作ってしまうこともあります。
特にひとりで悩みと向き合い、
「なぜその悩み事があるのか」
「なぜ悩み事が発生したのか」
「原因はなんだろうか」
と深掘りをすることで、自身の身に起きている辛い現状と向き合うことで心のある傷を刺激してしまい、解決したいはずがより悩み事を悪化させてしまう…なんてことも実際にあり、そんな時には、悩みの元を一度手放してあげて、そこを考えないようにすることです。
ここで、ポイントが視点変更をしてあげること。
あなたの中の「別の部分」に意識を向けてあげることが大事であり、結果としてあなた全体を見てあげることができるようになってきます。
たとえば、身体の状態に意識を向けてあげるということも一つです。
身体全身に意識を向けてあげ、細かい緊張を見つけてあげること、最近疲れを感じている部分に意識を向けること。
他にも、日常の中で仕事や家事などで、やり残したことに意識を向けるのも一つです。
一旦、元々かかえた悩みから少し離れた部分の、自分自身の状態ややるべきことに意識を向けてあげることで本来、悩み事と思っていたものの大きさが変わったり、今まで考えてもなかった改善法などが見えてくることもあります。

一番のオススメは身体に意識を向けてあげること

特に悩みが深く、苦しい場合では、一番のオススメは自分自身の身体に意識を澄ましていくことです。
「身体全体がリラックスできているか」
「呼吸は安定しているか」
「疲れている部分はないかどうか」
気になる部分があれば、そこを意識的にケアして整えていき、リラックスできている状態に繋げていくことをしましょう。
心の中の問題が複雑化していき、ストレスなどが積み重なってくると、それらの影響で身体は気が付かないうちに緊張が生まれていきます。
そうなってしまうことで、全体のエネルギーが低くなってしまうので、その状態で悩みと向き合っても良い答えが見つからない場合がほとんどです。
そのため、悩みが深い人ほど一度、身体を観察することが特にオススメになります。

悩み事から離れることが実は一番の近道

今回は悩みの解決を少しだけ角度を変えてアプローチしていくことについてお伝えしてきました。
悩みが深く起きてしまったら一度、原因追求の考えを手放すこと、悩みを無視するのではなく、手離すことで考えすぎてネガティブなスパイラルにハマってしまう状態から抜け出すことができます。
その結果、思考優位の状態を解除できあなた全体を観察でき、大切に扱うことができるようになり、それができた時に元々持っていた悩みの重さや形も変化してきます。
深く悩みをかかえてしまった方や解決が見えない悩みをかかえてしまっている方などは是非、一度試してみてください!

もしもこの記事を気に入っていただけたら、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ にほんブログ村


   

潜在意識ランキング

おすすめの記事