肩こりの解消!実はマッサージは逆効果かも!?

こんばんは!親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体師の鹿庭(かにわ)です!
 
 
肩こりで悩む方はとても多いのではないかと思います。
 
 
特に女性の方に多く、30〜50代の女性では約80%の方が肩こりがあるというくらい多くの方が抱える悩みで、最近では小・中学生でも悩みを抱える症状でもあります。
 
 
 
頑固な肩こりの方などでは、日頃から整体やマッサージなどに通っている方もいるのではないかと思います。
 
 
 
しかし、そんなマッサージがもしかしたら逆効果かもしれない!?
 
 
ということについて今回はお伝えしていきたいと思います!
 
このような悩みを抱えた方へ
  • 頑固なひどい肩こりに長年悩まされている
  • 肩こりがひどく頭痛まである
  • どこに行っても解消されない
  • 慢性的な肩こりになってしまっている

 

そもそも肩こりとは!?

 
肩こりとは簡単に説明すると「血液の循環不良」です。
 
血液の循環が悪くなることで酸欠が起こり、筋肉の柔軟性が失われカチカチになってしまう。
 
 
川の流れでいうと、
 
塞き止められてしまい水の流れがなくなりカピカピに乾いてしまったような状態となります。
 
 
 
つまりは、肩こりとは血液の流れがどこかで悪くなってしまったことにより結果として起きてしまった症状です。
 
 
 
また、肩というのは首や腕の付け根なども近くに存在するために負担のかかりやすい場所でもあるため、血液の循環も影響が出やすい場所の一つでもあるということです。
 
 
 
そのため、本当に肩こりを解消させるために必要なのは、
 
肩を柔らかくすることでもなく、肩周りの骨格などを整えるのでもなく
 
 
「血液循環が悪くなってしまっている原因」を見つけることです! 
 
 
 
その原因が見つかればあなたの肩こりは驚くほど良くなります。
 
 
 

なぜ、マッサージは逆効果になってしまうのか!?

 
 
特に長い間、肩こりに悩まされている方などは一度、肩への執着を無くしていく必要があります。
 
 
少し、厳しく言うと3ヶ月〜半年間くらい、ずっと肩周りのマッサージを受け続けていても改善されない場合では、
 
 
それをやり続けてもずっと改善はされません。
 
 
 
そのため、あなたの貴重な時間やお金を無駄にしてしまうので本当の意味で改善されたい場合ではオススメはできません。
 
 
 

肩こりは結果であり原因は別にある 

ある「A駅」という大きな駅があるとします。
 
 
 
そしてA駅から少し離れたところに小さな「B駅」があります。
 
 
 
ある時、A駅で「人身事故」が起きてしまいました。
 
 
そうすると同じ路線にあるB駅にも遅延などの影響が起こってしまいます。 
 
 
ここでいう、B駅A駅の人身事故の影響により路線の流れが悪くなってしまったという結果になります。
 
 
つまり、肩こりに例えると
 
B駅  ⇒  循環が悪くなってしまい起こってしまった肩こり
 
A駅  ⇒  肩こりを発生させてしまった本当の原因
 
 
ということになります。
 
 
そのため、肩こりを解消させるためには、A駅での問題を解決してあげないといけないということです。
 
 
 
 

肩周りのマッサージは症状を繰り返してしまう

肩こりに対して「肩へのアプローチ」B駅へのアプローチとなり、想像できると思いますが
 
 
ここでいくら、B駅を整理したりお客さんを誘導したりしても、
 
 
A駅を放置していたら、いつになっても電車は動かず解決はしません。
 
 
 
つまり肩ばかりをマッサージしていてもその場は良くなりますが原因の解決ができていないために数日したら症状が出てきてしまうといった問題が起こってしまうのです。
 
 
 
長い間、肩こりに悩んでしまっている方は一刻も早く、A駅の問題を見つけ解決していく必要があるということです。
 
 
 
 

原因を見つけるために自分でできるチェック

 
では、最後に僕のところに来られるクライアントの方にも実際にあった原因などを含め、簡単にできる原因のチェック方法をご紹介していきます。
 
 
原因というのは一人ひとりに様々ですが、特に多かった問題なので当てはまる方もいると思うので是非、チェックしてみてくださいね!
 
 
 

立ち方のバランスをチェック

 
立ち方というのはとても重要になり、あなたの身体全体を支えるものでもあります。
 
 
 
楽な姿勢で自然に立った時に、
 
 
重心を感じるのが左右の足、どちらかに強くなっていないか
 
前後どちらかに強く傾いていないか
 
 
などを確認してみましょう!
 
 
 
これらの左右、前後差が強い場合ではバランスが崩れている可能性が高いので
 
 
足元からのバランスを整えることが大切となります。
 
 

内臓の状態をチェック

 
内臓は休むことなく動いています。
 
また、人の身体は内臓へ最優先に血液を送り届けます。
 
 
内臓が疲れていたり、荒れていたりすればそれを修復するため血液を多く送り届けようとするために筋肉や皮膚へは後回しになってしまいます。
 
 
そのために、筋肉への循環が悪くなってしまい柔軟性が悪くなってしまうなどといったことも実際に起きてしまうのです。
 
 
身体の内側へと意識を向けてあげ、
 
 
便秘や下痢などはしていないか
 
胃痛や胸やけなどはないか
 
食べすぎたり飲みすぎたりしていないか
 
 
 
などを確認してみてください!
 
 
 

呼吸の状態をチェック

 
呼吸というのは誰でも休むことなく行なっている運動なのですが、
 
 
呼吸が浅くなっている方はとても多いです。
 
 
意外と気付けていない方も多く、呼吸が浅くなるということは全身への「酸素供給」が悪くなってしまいます。
 
 
酸素は血液と一緒に循環するため、呼吸が浅くなることで全身への循環も悪くなり筋肉や皮膚などへの酸欠も起こしてしまうため肩こりなども起きやすくなってしまいます。
 
 
呼吸の状態をもう一度確認していただき、
 
 
速い浅い呼吸になっていないか
 
たまに呼吸するのが止まったりしていないか
 
すぐに息切れなどをしてしまっていないか
 
 
などチェックしてみましょう!
 
 
もし、このようなことが当てはまる場合では、一日の中で何度か「深呼吸」をする習慣をつけるといいかもしれません。
 
 
 

日常で心の緊張はないかチェック

 
肩こりが起きてしまうということは、緊張が起きてしまっているということにもなります。 
 
 
心に緊張が起きてしまえば、身体にも当然、影響が出てしまいます。
 
 
 
あなたの心が緊張してしまう環境になっていないかの確認も必要となります。
 
 
仕事などでの人間関係の悩みはないか
 
家庭などでのコミュニケーションはしっかり取れているか
 
ストレスを強く感じていることはないか 
 
 
などをチェックしてみてもし、このような緊張が多い場合では身体へも負担がかかっている可能性もあります。
 
 
 

まとめ

 
長い間、肩こりに悩まされてしまっている方はもしかしたら肩こりが起きてしまっている原因に対して解決ができていなかったのかもしれません。
 
 
 
その場だけの解消によりごまかしてしまい、本当の原因への意識が薄れてしまい気が付かないうちに身体の中で同じことを繰り返してしまっていたのだと思います。
 
 
 
この問題は我々、治療家の問題でもあり目の前のクライアントへ対処的な処置ではなく、
 
なぜ、肩こりが起きてしまっているのかという問題を気付かせていかないといけないと思っております。
 
 
現在では、数多くの治療院や鍼灸整骨院、整体院などが存在しています。しかし、その一方で肩こりに悩む方も増え続けているのも事実です。
 
 
その原因は、結果しか見ず原因を見れていないことにもあるのかもしれません。
 
 
 
 
頑固なひどい肩こりに悩まされている方でも原因が見つかればあとは良くなるだけですので、
 
まずは自分の身体の状態のチェックをしてみましょう!
 
 
 
また、肩こりがひどくとても辛い状態が長いこと続いているという方やその他、身体の症状でお悩みの方などいましたら気軽にご相談ください!
 
一人ひとりの状態に合わせ解決方法をご提案させていただきます。

The following two tabs change content below.
鹿庭 貴彦

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。 また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。

 無料相談受付中!

育児ノイローゼ、産後うつなどお悩みをかかえた方やお身体の悩みなど気軽にご相談ください!一人ひとりにあった改善方法をご提案しております。

無料ネットラジオ

「ママと子供の笑顔のサプリ」

 

5万人以上のクライアント、3000人以上の子供たちを治療してきた親子コミュニケーショントレーナー・体質改善整体の鹿庭 貴彦が自らの経験を元に子供たちをサポートするママたちに向けて、カラダとココロの状態を整える方法を独自の視点からお伝えしていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

鹿庭 貴彦

柔道整復師の国家資格を持つ整体師として、自律神経症状、不定愁訴、慢性症状などを中心にクライアントの状態、思考、言葉などからも分析し一人ひとりにあった刺激の少ない施術を行なっています。 また、関東を中心に親子コミュニケーショントレーナーとして子供の症状や成長に悩むママ向けのセミナーなども開催している。