心の中のモヤモヤは自然と溶けるもの

心の中にモヤモヤが残っていると、時には苦しく物事に集中できなかったり、思ってもない行動をしてしまったり、余裕が持てなくなってしまうものです。

 

「悩み事」というものの捉え方を少し変えていくことで、そのモヤモヤが意外とスッキリすることもあり、今回はそんな捉え方のひとつをご紹介していきます。

 

かにわ
こんにちは!アクセスタッチアカデミー主宰のかにわです。心の悩みを抱えてしまう時に誰もがそれを解決したいもの、早くスッキリしてイキイキ過ごしたいものです。今回は心の悩みの捉え方の変換を見ていきましょう!

 

 

悩みは放っていくと溶けていく?

今あなたが悩みだと感じている問題というのは、まるで「氷」のようなものです。放っておけば自然と溶けてしまうもの。

 

今ある悩み、モヤモヤも「氷」のようなものに置き換えてみることです。

 

 

しかし、悩みの中での苦しいことを「見て見ぬふり」をして冷蔵庫にしまってしまえば、悩み事は「氷」のままであり、冷凍は強度を増します。

 

 

つまり、悩みはそのままであり、むしろ悪化をしてしまうことになるのです。

 

 

逆にその感情が「邪魔」と感じ砕こうとすると、さらに複雑化し、出口が見えなくなってしまったり、プラスして他の悩みも抱えてしまうこともあります。

 

 

ただ観察している自分になる

心の中で違和感を感じた時に、抵抗したい気持ちやジャッジしてしまう感覚の時は、そこで立ち止まり、判断を下さずにそのまま感じてみることです。

 

感情に巻き込まれてしまう自分を離れ「ただ観察している自分」の状態になることが大切

 

 

「振り子」の指先のように、実はその一点だけは動いていないということになります。

 

 

そうすることで、悩みやモヤモヤという状態に固定されていた意識、つまり氷が溶け出していき、やがて水や水蒸気となりあるべき場所へ還っていくのです。

 

 

身体に意識を向けることも大切

しかし、ただ感じてみるという「観察している自分」でいるというのは、悩みの内容によっては難しいこともあります。

 

そんな時に意識を向ける先を「身体」にすることも重要です。

 

ただ感じていようとする時に、どうしても抵抗感やジャッジが浮かんでしまったら、その時は「身体の違和感がある場所」に意識を置き換えることです。

 

 

また思考が働いてきたら、意識をして身体へ向ける。その繰り返しでただ流れに身を任せてみましょう。

 

 

そのまま繰り返すことで、自然に固定が解けていき、氷が徐々に溶けていくものです。

 

 

もしかしたら問題ではない可能性もある

悩みや問題を抱える時、人は外側に意識が向きやすくなるものです。パートナーや子供、会社の上司、環境など。

 

 

しかし、それは「勝手に問題だと感じていた自分がいただけ」ということなのです。

 

 

苦しくなってしまう悩み事などを「それがあってはいけないもの」と考えてしまい、判断したり評価したりしてしまいがちですが、そんなことをする必要はなく、ただ流れに任せるだけです。

 

 

まずは「それがあってはいけないもの」と考えることを外してみる。

 

考えることがなくなると、問題や悩みは自然となくなっていきます。

 

 

抵抗や判断、ジャッジから離れた自分、ただ観察している自分で悩みを見ていくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

もしもこの記事を気に入っていただけたら、応援クリックお願いします!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ にほんブログ村


   

潜在意識ランキング

 

 

おすすめの記事