体感学®︎

体感学が7年続いている理由

おはようございます!
かにわです。

昨日は主宰の体感学の
伝承者勉強会とグルコンでした。

その中で伝えた内容を今日は話そうと思います。

 

僕は師匠の手当てを受けた時に
『手を当てること』を通して、
身体を感じて自分の今と対話した経験から

自然治癒力の本来の意味を体感したのが
キッカケで体感学を開発したのですが

いまって『〇〇意識』とか
『意識の使い方』『思考の断捨離』など

頭の中で取り組むノウハウって
1年単位で出てきては消えてを繰り返してますよね?

 

僕はずっと疑問に思ってて、
なんで、みんな『頭の中』だけで
自分自身をコントロールしようとするのか?

身体って、素直だし
皆さんも感情と連動して身体に触れたり

身体に反応を起こしたりと
おそらく毎日、体感していると思うんですよ。

 

なのに、頭の中だけで一生懸命に
あれこれと取り組もうとしてしまうし

そういうコンテンツが溢れて過ぎてるわけです。

意識や思考の使い方は1年単位で
あれこれと情報が変化していますが

身体って約440万年、ほぼ変わってないんですよ。

 

骨は成人で206本あり、
筋肉は640個存在します。

脳神経に至っては、860億個
血管の本数は毛細血管で130億個

神経と血管の長さは
約10万キロメートルで地球2周半と言われています。

細胞数にして、37兆個あるのが身体です。

 

これが人類の身体であり、
多少大きさは変化していても

構造はほぼ、変化してないわけです。

だから、身体からアプローチしたほうが
本来は今の自分がわかるようになるし

正直な自分の本音も見えてくるものなんです。

 

誰もが備えていて、ずっと変わってないもので
これからもおそらく100万年は変化しないものです。

だから、体感学は身体の反応にこだわるし
誰もがあるものなので、実践者は必ず変化を体感できるものなんです。

 

あえて、複雑な世界に身を置いて
自分自分を整えようとしなくてもいいんです。

身体はすべて答えを知ってますし
瞬時に素直に今のあなたを教えてくれます。

 

これが、体感学が7年続いている理由でもあります。

 

誰もが備えているものだから
誰もが良くなることのできるもの。

あなたもそのひとりです。

 

シンプルに自分自身を見れば、
必ず良くなるので身体を感じるということを

ぜひ大切にしてみてくださいね!

 

それでは!

ABOUT ME
アバター画像
鹿庭 貴彦
メンタルケア整体師・著者・セラピストプロデューサー 1984年、埼玉生まれ。17年間セラピストとして活動し、これまで延べ6万人以上のクライアントの心とカラダの問題を解決してきた。 現在では、オンラインを中心としたメンタルセルフケアを提供している体感学を主宰。 これまでに200名以上の人が受講したセッションであり現在はセラピスト育成にも力を入れている。 著書『子供の症状の根本原因がわかる!小学生編』 では、Amazonランキング5部門1位、ベストセラー1位を達成する。